profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

祈る場所はありますか? − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩
 
今日、宗教は音楽、絵画、詩、建築など藝術すべての
「幹」として存在してきました。

ちょうど宗教の精髄が、複雑な神学に在るよりも
無心な信仰に在るのと同じなのです。
信仰史が宗教の正史なのです。

信仰の前に神学は二次なのです。

と柳さんが言われたように、
もはや宗教こそ完成されてからの年月が最も長いアートとして、
茶道などよりも著しく形骸化されていると思います。

しかし、キリストもブッタもいない時代の
われわれの多くの祖先を考えた時に、
星や月、太陽、山や滝、四季のうつろい、自然現象
など身の回りで起こる、さまざまな変化の中に、
人間とは違う存在を認め出してきたのではないでしょうか。

シンプルに考えるとき、
宗教の発生とはこのような
無心の信仰だけだったのだと思います。

しかし、形骸化されたとはいえ宗教が幹となり、
様々な藝術を生み出す原動力となっているのは明らかです。

ではこのような信仰が、ものづくりをする上で
必要であるとするならば
形骸化した宗教しかない、今という時代において私たちの
できることは、

「一人ひとりが、パーソナルな宗教をつくる」ことではないかと思います。

宗教の発生、信仰の発生を見るときに、
私たち一人ひとりが、古のごとく
「信仰」をつくればよいのだと思います。

おおざっぱに言えば、
宗教をなすものにどんなツールがありますでしょうか?

教祖、祭壇、バイブル、お経、仏像、教会、お寺
お線香、ミサ、賛美歌、位牌、仏壇などなど

人々がまだ野山や自然を神として自由に信仰し
そこに、統治も国も、確立されていない時代から
つまり発展途上の場所から、これらのツールにより
統治され、一つの秩序がうまれ政治的にも利用されて
きました。

そんな大それたものに対して、「マイ宗教」では

気に入った写真、自分や友人、先祖、両親、
言葉、音楽、本、品物を本棚の一角や
机の空いたスペースにまとめることで、

祈り、見、喜ぶため、そして信仰するための
マイ祭壇、マイ仏壇をつくり、それを信仰するのです。

でも実は、意識していなくても
部屋の一角やどこかに必ず、何となくそんなスペース
心の拠り所のようなスペースが以外に誰にもあるのです。

私たちの祖先が、神聖だと思った川原や海から
石ころを拾ってきて、洞窟においたように、
ただそのスペースをもっと意識してつくってみても
おもしろいと思うのです。













量産品に生まれる愛着や時間の経過が生む新たな価値について − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩



ユニクロも無印良品も、現代の
とても優れた品物だと思います。

しかしそれらは柳さんの言うような
手仕事の品物ではありません。
むしろまったく逆の品物です。

僕は柳さんの時代に無かった、
現代の新しい美の価値の創造について考えました。

それは、「愛着ある時間の経過」についてです。

たとえ、それが量産品であったとしても、
それを大切に使い続けた結果、
愛着による傷やへたり、よれ、穴ぼこが生まれ
むしろ今まで無口で冷たかった量産品に、
手仕事の品物と同じように、
「温かい温度」や「対話」など、
新たな「美の価値」を作り出すことができるということです。

結論を言えば、現代の量産品であっても、手仕事の品物に
勝るとも劣らない健康的な美を、

「使い手がつくることもできる」という事ではないでしょうか。

古くて壊れたから新しいものを買うのではなく、
それを直しながら、つぎはぎしながら、何とか使っていくという
美しさが、今という時代に生まれた、新たな価値なのだと思います。

子供のころ、祖母にミニカーを買ってもらった当日、
砂場で遊びながら、石をぶつけたり、砂に埋めたりしながら、
ボコボコに仕上げたミニカーがかっこいいと思って帰ってきたら、
祖母にとても怒られたという経験が今よみがえりました。

でも今は、あれはあれでよかったんだと思います。


































民藝運動・不自由と束縛から美が深くなる − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

実用品を「不自由な藝術」と呼びました。
実用ということに縛られているからであります、

かかる不自由さあるために、かえって現れて来る
美しさがあるのであります。

色々な束縛があるために、むしろ美しさが確実になって
くる場合があるのであります。

実は不自由とか束縛とかいうのは、人間の立場かする嘆きであって、
自然の立場に帰ってみますと、まるで違う見方が成立ちます。

用途に適うということは、必然の要求に応じるということであります。
材料の性質に制約されるということは、自然の贈物にまかせきるという
ことであります。
手法に服従するということは、当然な理法を守るということになります。
人間からすると不自由ともいえましょうが、自然からすると
一番当然な道を歩くことを意味します。

これに引きかえ人間の自由はとかく我儘で、かえってこれがために
自由が縛られることがしばしば起こります。

実用的な品物に美しさが見られるのは、背後にかかる法則が
働いているためであります。
これを他力の美しさと呼んでもよいでありましょう。

他力というのは人間を超えた力を指すのであります。

自然だとか伝統だとか理法だとか呼ぶものは、
凡てかかる大きな他力であります。
かかることへの従順さはこそは、
かえって美を生む大きな要因となるのであります。

これに反し人間の自由を言い張るとき、多くの場合
新たな不自由を甞めるでありましょう。

自力に立つ美術品で本当によい作品が少ないのは
この理由によるものであります。

・「手仕事の日本」柳宗悦 昭和18年

不自由という事が美しさを深め確実にするという事に関しては、
何も工藝の品だけに当てはまらないように感じてしまいます。

すべてを満たされている時に、幸福感を感じない事や
何もストレスがないという状態は、
かえって不健康な事だと思います。

腹八分目ではありませんが、
買えても買わない、持てても持たない、
欲しくても所有しない
そんな「欠けた部分」を、物でも心でも
いつも持っていたいと僕は思います。

憧れをずっと追いたいから、叶えたくないからなのかもしれませんし、
自分の準備が整っていないからという本能が働いていて
ストップさせているのかもしれないのですが、
そんな「欠け」をいつもどこかに気にしています。

刺激がさらなる刺激を求めるように、
欲に限度が無いように
刺激と欲の奴隷にならないために
身構えているのかもしれません。

化学調味料を使ったり、食したりするのを止めた頃から
薄味がより鮮明に分かるようになりました。
なので、今では外食をするときでも出汁がとられたものか
化学調味料なのか分かるようになってきましたし、
醤油などもかけなくても、食べれるようになってきました。

それは自分の舌をニュートラルな状態においておきたいと
思うのと同時に、口という場所が自分の体と直結する場所であり、
何を体内に入れるかという選択権は
すべて自分が決定できることであり、
それが、タバコであっても、覚せい剤であっても、
美味な料理であっても構わないわけですから、
これほど人間の煩悩や強欲が表れる
場所はないと思うわけであります。

口ほどは、とても本能的で
食事を取り入れる部分と、排泄する部分ほどは
人間の一番原始的でそこに理性をどう持ちえるかに興味があります。
それほど自分の脳や意思と直結している
場所なのではないかと思うのです。

食育という言葉の意味が良くわかりませんが、
恐らく、舌や口が荒廃するかどうかは幼少期に決まり、
それが荒廃することで
同じく脳や心、思考も荒廃するのではないかと思います。
一見すると学歴も高く、そうとは分からなくても
仕事ぶりや生き方、考え方の部分でかなり精神的に不安定で
刹那的な方を実際見たことがあります。

つまり、「口が品格を表す」といっても過言でないと思います。
それは、「香り」もそうですが。

刺激がさらにもっと強い刺激を欲する、
感じないからもっと強い刺激をもとめる

そんな「刺激のl闘争」に、
脳や心が迷いこまないようにしたいと思います。


























































民藝運動と宗教 − 沼尻真一


民藝が公道なのです。
工藝の正史は民藝史なのです。

ちょうど宗教の精髄が、複雑な神学に在るよりも
無心な信仰に在るのと同じなのです。
信仰史が宗教の正史なのです。

信仰の前に神学は二次なのです。

同じように無心の民藝の美に対して、
個人の意識的な作は二次なのです。

なぜなら無心は意識よりも、もっと深いものを
捕らえるからです。

・「手仕事の日本」柳宗悦 昭和18年

ちょうど宗教の精髄が、複雑な神学に在るよりも
無心な信仰に在るのと同じなのです。
信仰史が宗教の正史なのです。

信仰の前に神学は二次なのです。


この言葉の持つ意味が、僕が柳さんを理解してみたかった
一つの重要な文章でした。

「宗教と美術」について以前僕が推測したのは、

まるで大学の学部や時間割を増やしたいがごとく
アカデミックな学問として、私たちの前に提示されていますが、
本来、宗教と美術なんてものは、今も昔も一緒のものだと
思って間違いないでしょう。

だから柳さんにはそこに違和感が無い。

そう考えるに、民藝館で収集された 木喰の彫った
といわれる木喰仏などをはじめとした、仏教美術の蒐集には
僕のような、罰当たりになりはしないかと言う発想が
生まれるわけがないのです。

これは柳さんの蒐集についてから見えた部分での意見でしたが、

やはり独創的な風習や文化が続いていくと
その分野に「論理」や「学問」が展開され、編集され
いつの間にか「型」ができ、そしてそこに「組織」ができ
システマチックに「情報処理」がされていきます。

そして、その時間が長いほど「伝統的」だという
とみられ、そこに「権威」が生まれてていくという事が
「茶道」や「大学の先生」などに見られるように思います。

ちょうど宗教の精髄が、複雑な神学に在るよりも
無心な信仰に在る


大学生といえど、社会人といえど、
工藝や美術、宗教に限らず、
自分の頭で考えて見る事や直感を信じず、
これほど形骸化したものに、へつらい、崇拝してしまう
現代社会は、昭和18年の柳さんの時代よりもさらに、
エスカレートし、情報がある種の意向により
編集されリクルート、ナビゲートされ、まったくその本質を見失って
しまっている世の中になっていると思います。

ではどうしたら、本質が見えるようになるのでしょうか。

この部分をさらに深く理解するためには、
柳さんの「宗教観」からだけでなく、「茶道の世界観」から
学べることがあると思っています。















 


宗教こそ最高の芸術品である − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩


柳さんが宗教哲学から、美術の世界へと
踏み込んだ時にすでに見えていたこと、

それはキリストやブッタがどのように誕生し、
そして宗教がどのように完成されていったのかという事を
専門家としてすでに把握されていたと思います。

そこから推測するに、
僕は柳さんが

「宗教こそ最高の芸術品(品物)」

であると
考えていた部分があるのではないかと思っています。

つまり「宗教」と「美術」は今でこそ、どこかの誰かに
明確に区別され
まるで大学の学部や時間割を増やしたいがごとく
アカデミックな学問として、私たちの前に提示されていますが、
本来、宗教と美術なんてものは、今も昔も一緒のものだと
思っていも間違いない気がしています。

だから柳さんにはそこに違和感が無い。

そう考えるに、民藝館で収集された 木喰の彫った
といわれる木喰仏などをはじめとした、仏教美術の蒐集には
僕のような、罰当たりになりはしないかと言う発想が
生まれるわけがないのです。








民藝運動・品物が美しい理由 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン

民藝運動を理解しようとするときに
品物が美しいのは、デザイン性ではなく、
作り手が使い手の用い方を考え、想像する
その「愛情」や「愛」の表現ではないかと僕は思います。

つまりは、使い手がどのようにしたら使いやすいのか?
どのように用いてもらいたいのか。
その使い勝手が良いのかどうか。
その仕草や佇まいが美しいかどうか。
などではないでしょうか。

極論をいえば、視覚から入るデザイン性などは
実はたいした問題ではないと思います。

さらには、その品物を使うことで

世の中の憤りが軽減され、
用い手の心が豊かになりますように。

用い手が幸せになりますように。

それは信仰にも似た、
祈りにも通じた行為になっていくのではないでしょうか。

たとえそれが陶工などの作り手でなかったとしても、
それが音楽家であったとしても、
それが普通の方であったとしても

自分以外の大切な誰かに、品物を贈るときの
そんな気持ちは、過去の1000年も、
そしてこれからの1000年も
それは変わらず、同じなことなのだと思います。

故に品物をみるという行為は
それらを見立てることができるかどうか
それが一つの鍵になると思います。
















柳宗悦 柳宗理 民藝運動・日本民藝館 2 − 沼尻真一 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


柳さんが亡くなった後、日本民藝館の品物の蒐集は行われていないようです。

そこで僕には疑問が浮かびました。
民藝運動が良い品物をつくる、職人や品物に光をあてて
いくという精神が一つの要素にあるのであれば、柳さんが亡くなったのちも、
日本民藝館は、その蒐集を続けていくべきだったのでは
ないだろうかという疑問です。

特に柳宗悦さんの長男であり、日本民藝館の館長もつとめられた
インダストリアルデザイナーの柳宗理さんやその他の息子さんなどが中心となり、
民藝運動の意思を受け継ぎ蒐集を継続されなかったのは、
なぜだろうという疑問もあわせて沸いてきました。

民藝運動の精神が、この国の世に広く浸透したため止めたのでしょうか。
そしてその運動が日本中に浸透し、役割を終えたからでしょうか?
それともパトロンとして支えたクラボウ・クラレ、大原美術館をつくった
実業家、大原孫三郎などの経済的な支援が終了してしまったためでしょうか?

柳宗理さんのデザインが僕も好きで、ナイフやフォーク、スプーンなどの
品物を使っていますが、そのどれもが工業製品であるにも、
関わらず「温かい」それこそ

一つ一つの「品物と対話」できる品ばかりです。

この点で、柳さんが蒐集された手仕事の品物と共通しています。

今の時点でわかっていませんが、なぜ民藝運動が終わってしまったのかは、
これからも理解してみたいテーマの一つです。

ただそこにヒントがあると思うことは、
柳宗理さんをはじめとした息子さんたちが、幼少の頃から民藝運動を
身近に見てきた者であれば、なるほど明らかにそこから派生していると
思われる仕事をされているという事だと思います。

父である柳宗悦さんと同じように、品物を蒐集するという活動ではなくとも
逆に今の時代にはそれぞれのその活動こそが
民藝運動をわかりやすく、身近に伝えられるという手段になっていったの
かもしれません。

・長男に
インダストリアルデザイナー柳宗理、次男に美術史家柳宗玄
三男に園芸家の
柳宗民。甥に染織家の柳悦孝、美術史家の石丸重治



















柳宗悦・民藝運動 職人の功績 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩


 
その品物がどんなに美しい場合でも、一つとして作った人の名を記す
ものはありません。

ところが「美術品」と呼ばれているものを見ますと、どれにも皆 銘が
書き入れてあります。

一方は名など記す気持ちがなく、一方は名を書くのを忘れたことが
ありません。
要するに一方は職人の作るものであり、一方は美術家が生むものだからで
あるといわれます。

自分の名を誇ろうとするのではなく、正しい品物を作るそのことに、
もっと誇りがあるのであります。
いわば品物が主で、自分が従なのであります。
彼らは品物で勝負しているのであります。
物で残ろうとするので、名で残ろうとするのではありません。

自分の誇らないような気持ちで仕事をする人たちのことを、
もっと讃えねばなりません。
そこには邪念が近づかないでしょう。
ですから無心なものの深さに交じり得たのであります。

この世の美しさは無名の工人たちに負うていることが、
如何に大きいでありましょう。

・引用「手仕事の日本」柳宗悦より 昭和18年

昭和18年頃に比べ、柳さんが述べたような、
手仕事における、名も無き秀作の品物が
今の時代にもあるのだろうか。

現在は、品物そのものに名前が書かれていなくとも、
美術家としてという事でなく、
職人の名で紹介されている
実用的な品物があるように感じています。

日常的に使うjための品物の中に価値を見出し、
職人に光があたる時代になってきたという事は、
柳さんらによる「民藝運動」の思想が
現代に着実に浸透してきたように
自分は感じています。










品物に正しさや美しさを与えている理由 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩

何が品物に正しさや美しさを与えているのかを見極めねばなりません。

第一は、
それらを作った彼らは別に学問とてない職人であったり、
農民であったりします。
ですがどうして彼らによって優れた伝統が保たれているのでありましょうか。
どういう力が彼らによき仕事を果たさせているのでありましょうか。

第二は、
何が品物に確実さや美しさを与えているのでありましょうか。
考えますと彼らは実用品であって、世俗的なものに交わってゆくのに
何故美しくなるのでありましょうか。

第三は、
どんな性質の美しさがそこに現されているのでありましょうか。
またどんな性質の美しさであるが故に尊いのでありましょうか。

どうして実用品に美しさが約束されるのか、否、用途に交じってこそ
現れてくる美しさがあるのを明らかにしようとするのであります。

結局は健全な美しさなるが故だという事実、
更に進んでは健康なものが一番本当の美であるという真理。

・引用「手仕事の日本」柳宗悦 昭和18年


ものを作る仕事に関わるものであれば、
誰もが良いものを作りたいと思い仕事をしているはずです。

実用性とデザインのバランスを、
どのように調和させることができるかということが、
いつの時代にも、ものの作り手にとっては
大切なことなのではないかと感じています。

戦前の昭和18年 1943年今から66年前に書かれた
柳宗悦により、書かれたこの本は、
真に美しい品物がなぜできるのか?
何が美しい品物なのかを、

今の時代に生きている僕がみても
迷いがすべて消え去るほどの明快さで、
それを伝えていると感じます。


















自然と歴史から品物が生まれる − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩


 
品物ができるには二つの大きな基礎があることに気付かされます。

一つは自然であり、一つは歴史であります。

自然というのは神が仕組む天与のものであり、

歴史というのは、人間が開発した努力の跡であります。

どんな物も自然と人間の交わりから生み出されていきます。


中でも自然こそは凡てのものの基礎であるといわねばなりません。

その力は限りなくおおきく、限りなく深いものなのを感じます。

平らに削ったりあるいはそれを磨いたりすることは

要するに自然の有つ美しさを、いやが上にも冴えさすためであります。

自然を離れては、また自然に叛いては、どんなものも

美しくなり難いでしょう。


一つの品物をつくるということは、自然の恵みを記録しているような

ものであります。


< 歴史 >

しかし、もう一つ他に大きな基礎をなしているものがあります。

それは一国の固有の歴史であります。

それはこの地上における人間の生活の出来事であります。

ですからどんな現在も、過去を背負うていると

いわねばなりません。

どんなものも歴史のお蔭を受けぬものはありません。


天が与えてくれた自然と、人間が育てた歴史と、

この二つの大きな力に支えられて、吾々の生活が

あるのであります。


私たちの為すべきことは、ただ歴史を繰り返すことではありません。

歴史の中で最も特色がありまた優れている面をよく理解して、

それをさらに進歩させ発展させてゆくことであります。

・引用「手仕事の日本」柳宗悦


栃木県の益子で作家活動をしている方に

自然をねじ伏せ、押さえ込んで作品を創るという事ではなく

自然に謙虚に参加させてもらうイメージで

作品を創っていきたいと、お話を聞いたことがあります。

そちらの方が僕も好きです。

以前、農園を作るために土地を開墾したときに

たくさんの根っこが出てきました。

その根っこを積み上げるだけ積上げて

畑に灰を漉き込みたいので、乾燥させ野焼きをした時に、

その根っこ達が見事に積上げられたまま

真っ黒に炭化をし、それがとても美しい姿でした。

もちろんその時は何か創ろうなんて考えが無かったのですが、

もしかしたら、そんなリラックスした遊びから創られる作品が

面白くなるのかもしれないと思った瞬間でした。