profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

食料自給率、日本の闇 − 沼尻真一


食料自給率について農水省の発表を信用して
真剣に議論している人たちが
年々米が余ってしまい、どのように活用してよいか
迷っている米農家がほとんどだと言う事は
相当に知られていないのだと思います。

国家を信じてしまうのは、官僚や中央省庁の仕組みを
知らなければ無理も無いですが、
京都から天皇が江戸に来て未だ数百年ぐらいでは
それまで何千年もの間天皇が住んでいた、
京都の人々から見れば、
天皇さんが少しの間、出張中ぐらいの感覚だと
聞いたことがあります。

それと同じように、昭和30年頃から続いた
二次産業、三次産業を中心とした高度経済成長など
日本の歴史からはまだまだ序の口でありまして、
やはり何千年もの間、
国内産業の中心となってきた農業を知らずして
この国を語ることができないと思っています。

現在は大変な農業ブームとなっていますが、
それはごく当たり前のことで、日本人にとって京都を
懐かしい日本人のふるさとと感じると同じように
私たち一人一人に農業の血が流れているからだと思います。

日本人と言われている人々のなかで、その系譜のなかで
かすかに記憶に残っている祖父や祖母がいくら農業を
していなかったとしても、それはほんの100年程度前の事で
いきなり狩人から現在の自分が形成された人間は
いないはずです。

そこには必ず農業をしていた系譜が組み込まれて
おりまして、むしろ系譜の中では農業をやっていた
期間の方が通産すれば、誰にでも300年ぐらいは
あるのではないかと思います。
そういう意味では、遺伝子情報は何も、顔や体の形だけを
伝えているのではないと思います。

僕はそもそも農水省発表の食料自給率を最初から
信用していないので、今回産経新聞のニュースになったことは、
食料自給率がどのように算出されたかと言う事を
知る上でとても良かったと思っています。

・以下「産経新聞」より引用

「カロリーベースの食料自給率は何も意味していない」と
断言するのは、東京大学大学院農学生命科学研究科の
川島博之准教授だ。農水省の農業環境技術研究所で
9年間にわたり食料問題を研究してきた川島准教授は、
世界の食料危機自体を否定している。
 「カロリーベースの食料自給率は、農水省が国民の危機感をあおり、
税金から補助金を出させるために作り出した道具にすぎない」
カロリーベースの自給率を算出しているのは、農水省同課が
知る限りでも、日本と韓国しかない。









土作り・ヤンマー俺の赤いトラクター − 沼尻真一




大型トラック、車、バイク、船、自転車、耕運機、田植え機、
運転することが大好きですが、
このトラクターは特に好きな乗り物です。

この形やそして自由自在に小回りがきくという点や
ロータリーをおろして、一気に畑を耕してしまう爽快感。

畑でおじさんたちがトラクターを乗っているのを見かけたら
大変だなと思わずに、とっても心地よいんだろうなと
思ってもらって間違いないです。







 それは、宇宙を輪廻する赤い牛である。

















秋の実は星から来たの − つくばハーブ農園



何の実かわからないけど
秋になるとたくさん
何の実か分からないものが
落ちている

それは まだ名も無き星にも見えるし
見たことも無い 生きものにも見える

おいしそうにも 見えるし
まずそうにも 見える

とにかく きみは不思議だね









 


on ne voit bien qu’avec coeur.

心で見ないと ちゃんと見ることはできないんだよ

                                              Le Petit Prince


















花梨・かりんの詩 − つくばハーブ農園


花梨 

かりんとは、とても響きの良い名前がついていると思います。































 

瀧藤つくば農園&つくばハーブ農園/さつまいもベニアズマの収穫



























































 

野良井戸を掘る/映画『ジャイアンツ』(Giant)のジェームズ・ディーンのように掘れ − 沼尻真一


これが井戸を掘る機械。

まるで1956年ジェームズ・ディーン、エリザベステイラーが出演した
映画『ジャイアンツ』(Giantのよう、油田を掘り当てるようなイメージ。















 

つくばハーブ農園の夕景


つくばハーブ農園 午後5:27 南西の空


























秋の美 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 



オリオン、かに、石川県、青森県









スーパーボール、クリスマス







都市の分布図










マタギ、クマ、蜂の巣







柚子はペリエで − つくばハーブ農園


今年も農園の柚子が11月1日から
カオン成城、カオン豊洲へと出荷されます。

愛媛県のみかんでも教えてもらったように、
みかんにも当たり年とはずれ年があるようです。

柚子も柑橘類として似ているようで、昨年は
はずれ年、今年は当たり年となっています。

よく柚子が嫌いだったという話を聞きます。
人工的な香りだとか、バスクリンの香りだと
イメージしまわれるようです。

でも今は、柚子が好きだと言ってました。

やっぱり本物の柚子の香りはさすがだと思います。




ペリエに柚子を入れて飲んでいます。

先日は、ウィスキーに柚子を入れてみましたが、
それもなかなか美味しいです。

























秋の味覚・原木しいたけ栽培・はやとうり栽培・べにあずまサツマイモ栽培 − つくばハーブ園



天然酵母のパン



原木しいたけ
クヌギの木に菌を植え付けてから約1年半、やっと収穫ができました。



洋ナシ


はやとうり
洋ナシのような形が美しい。はやとうりは煮物やシチューにして食べると美味。
台風の被害を受け、汚れてしまいました。




さつまいも
5月に植えたさつまいも、ベニアズマのつるをかえして
葉の成長を鈍化させ、いも自体の成長を促進するのが狙いです。




今年のさつまいもは豊作になるようです。