profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

旧暦10月10日・田の神様が山に帰ります・十日夜☆男の茶道/沼尻宗真



茶道では10月亥の日は炉開きや、
これは茶道が育まれた京文化、
宮中文化に由来があります。


京都に住んで茶道を学ばないと
本当の茶道は分からないと言われるのは
定座の基本となる京畳 一つとっても


しかし10月亥の日といっても

東日本では、亥の子ではなく

10月の  十日夜/とおかんや という行事で、
藁の束を持って子ども達が
地面を叩きまわる遊びになっていました。
これは友達の地区ではやってました。

東日本にとって  旧暦 10月10日は

田の神様が春は山から降りて田を守り、
冬に入ってから再び山に登って
山の神様になる日と言われています。


新米は9月にはもう脱穀し
精米も済んでいるのに

わざわざ 田の神様が山に帰る
この折目の日まで食事に使うことを
控えていた作法があったそうです。

何と慎ましい心がけでしょうか。
茶の湯の心、感謝を捧げるのと同じですね。
田んぼで遊んだ事の無い子供達にも
教えてあげてください。

それが旧暦の10月10日

新暦なら今年は
11月17日  土曜日なのです。

民間の節句/節供として現代の私たちも
自然に感謝し佳日にしたいですね。

11月17日土曜日、
私は東京都庭園美術館にて
様々な文化の方とお茶を楽しみ 
交流する日になります。

旧暦10月10日
田の神様が山に帰る日なら

こんな茶会をしてみたいです。



秋の田の  かりほの庵の
    苫をあらみ   わが衣手は  露にぬれつつ〜

    天智天皇





田口釜
口の付根が深くえぐられ
口の廻りに溝ができている形の釜です。 
田口釜は、水を入れると田の面のように見えるところから。 



無事かえる/香合















やまと歌・和歌の心から〜茶道へ、侘びの変遷★男の茶道/沼尻宗真


伊勢物語


やまと歌は、人の心を種として
よろづの言の葉はとぞなれりける。

訳…
和歌は、人の心をもととして、(それが)
さまざまな言葉となったものである。

*

世の中にある人、
ことわざ繁しげきものなれば、
心に思ふことを、見るもの聞くものに
つけて言ひ出いだせるなり。

訳…
この世に生きている人は、
(かかわる)出来事や(する)行為がたくさんあるので、(それらについて)心に思うことを、見るものや聞くものに託して言葉に表しているのである。

*

花に鳴く鶯うぐひす、
水にすむ蛙かはづの声を聞けば、
生きとし生けるもの、
いづれか歌を詠まざりける。

訳…
(梅の)花(の枝)で鳴く鶯や、
水にすむ蛙の声を聞くと、
(この世に)生きているすべてのものは
どれが歌を詠まないということがあろうか。(いや、すべてのものが歌を詠むのである。)

*
力をも入れずして天地あめつちを動かし、
目に見えぬ鬼神おにがみをもあはれと思はせ、男女をとこをんなの仲をも和らげ、
猛たけき武士もののふの心をも慰むるは、
歌なり。

訳…
勇猛な武士の心をも和ませるものは、
歌なのである。

古今和歌集 仮名序 一部/現代語訳


これは和歌とは何か?の説明ですが

茶道とは何か?に

置き換えても違和感が無いですね

                        


武野紹鴎は三条西実隆から、
良い和歌を作るにおいて大事なことは、

稽古(勉強・経験の積み重ね)と


紹鴎は、実隆から教わったこの思想を、
茶道にも取り入れてゆくこととなった。

また紹鴎は実隆より、藤原定家の
『詠歌大概之序』を伝授され、
そこから茶道の真髄に目覚めたという。

                          *

日本人の美意識の礎、

「侘びや、見立て」を形成した
7〜8世紀の万葉集から
1400年の歴史が和歌にはあります。

16世紀に活躍した武野紹鴎さんから
数えれば茶道は500年の歴史です。

和歌を詠むという
        想像で感じる歌会から〜

   〜五感で感じる
             茶の湯へと受け継がれたもの

そして今日「一服の茶」の中に
日本人の美意識が集約されました。


「侘びや・見立て」の変遷の歴史を
現代の茶道の中でも学び、

「茶の湯の本質」「侘びの本質」
茶道の真髄から知ることは、

茶の湯の心を、日常の暮らしや
ビジネスに活用する上で
とても大切な事だと私は考えています。

では茶道教室に通い、茶道を学ぶと
そこが身に付くのでしょうか?

残念ながらこれは大変難しいと思います。

それが良い悪いではなく
現に私自身、二つの茶道教室に
通った経験がありますが、
点前が中心で講義は一切ありませんでした。

そこで私達の活動では



「茶道の侘び」とは何か?を
学んでいただく事を柱として活動
しております。


〈心に生かし、暮らしに生かせる茶道を〉
  
  を合言葉に







美術館や博物館・企業や学校での
茶道講座や研修、ワークショップ、
茶会を用いた企業プロモーションも承って
おります。




各種お問い合わせは下記メールにて
宜しくお願い申し上げます。

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください



茶碗は一楽二萩三唐津?陶磁器は日本六古窯?の本質★男の茶道/沼尻宗真


美濃焼を見学にきた後輩の千葉くん


茶道の世界では、
茶事や茶会の道具組をする際
日本古来の焼き物(陶磁器)を
組み合わせる事は多々あります。

その際に、
日本六古窯を一つの指標にする方も
いるのでは?と思います。

私も学園時代、定期試験で、
何度も出題されました。

焼き物屋なのに間違ったりして…💧

その度になぜ?今の時代も
日本六古窯なんて信じられているんだろう?
と疑問に思っていました。

それは

                             *

瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前を

俗に六古窯とよんでいる。

日本六古窯という名称は
戦前私がつけたものだが、
戦後は岐阜県の中津川、多治見付近、
静岡県の金谷村付近、渥美半島、
能登半島などに平安、鎌倉、室町時代の
古い窯址が発見され、
厳密にいえば今日では正しい名称とは
いえないかも知れない。

しかし、当時の大きな製陶センター
という意味では、今でも間違ってはいない。

小山冨士夫著「徳利と酒盃・漁陶紀行」講談社

六古窯の名付け親の小山先生自らが
このように説明されていからなんです。


実際、まだわずかですが
いまだに 萩や唐津の茶碗は見た事が
無いのは本当に不思議です。

一流の道具商の皆さんの知識は
凄まじいので、例えば他の道具との格を
合わせる為など何か理由があるのでしょう。

小山先生は晩年に
ここ美濃に移住され、
花之木を土岐市に築き、
自ら作陶、陶芸家として大活躍されました。


花之木窯にある、
唐津の中里隆先生と作られた蛇窯。

陶器学校の学生の頃、中里先生から
小山先生の話を聞かせていただいた
思い出があります。

現在の瀬戸黒人間国宝 加藤孝造先生の
お弟子さんで、

先生 美濃焼が本当の六古窯でもいいでしょう?

と私が言ったら

美濃焼は今も稼働中だから…

なるほど〜〜〜






ちはやぶる・秋の茶席・重要文化財 楓流水鶏図真形釜・男の茶道/沼尻宗真




ちはやぶる 神なび山の  もみぢばに
思ひはかけじ うつろふものを

よみ人しらず
古今和歌集  巻第五 秋歌下 (254)
 
                             *

ちはやぶる神の座す山の   
紅葉した葉に  もうおもいをかけまい
散ってしまうのだから

ちはやぶる は神の枕詞
千早振る…血早振る…勢い盛んな人を
表しているそうです。


写真は吉野山からです。

日に日に染まりゆく秋
紅葉の美しさをこのまま永遠にとどめて
おきたいという気持は
今も昔も変わらないですね

皆さんなら何を永久に残したいですか

そんなちはやぶる茶席に
よく映る釜がありました。



重要文化財 楓流水鶏図真形釜
(かえでりゅうすいにわとりずしんなりがま)
室町時代・15世紀   引用:九州国立博物館

高い繰口と獅子頭の鐶付をもつ大ぶりの釜。
2羽の鶏とともに表された、流水や
州浜に舞う楓の葉のさまは、
百人一首の「ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 唐紅の水くくるとは」を想起させる。



【炉開き】ベベべの【さんべ】と茶道規矩作法の本質とは?★男の茶道/沼尻宗真




利休居士のお弟子さんが書いたと言われる
『山上宗二記』を見ると、 

「宗易(利休)ハ名人ナレハ、山ヲ谷、西ヲ東ト茶湯ノ法ヲ破リ、自由セラレテモ面白シ、平人ソレヲ其儘似セタラハ茶湯ニテハ在ルマシソ」と述べられている。

茶は規矩作法に縛られず、誰もが自由を得て面白いものではなくてはならないが、同時に、利休をただ真似て規矩作法を破っては茶の
湯は成立しない、とも言っているのである。
やはり、規矩作法は守らなければならないし、かつ、規矩作法は破らなければならないと
いう点で「守破離」の「守」と「破」が並んでいることと同じ趣旨のように思える。

論文引用:新潟大学三年 中田勝之さん



【規矩作法守りつくして破るとも
                     はなるるとても本を忘るな】

そもそも、なぜこのような
言葉があるのでしょうか?


常に、いまという時代に合わせて

利休百首、あくまで伝ですが

守りつくして破ってきた歴史が
茶道にもあるからではないでしょうか?

珠光さん、紹鴎さん、利休さん、織部さん
皆さん茶が違います。


茶道も宗教も破る事で、
沢山の考え方や新たな選択肢が生まれました。

そのおかげで、今日まで
大いに熟成発展してきたとも言えます。

仏教だけでも、こんな狭い日本に
沢山の宗派があるんです。

この宗派が更に細かく分かれています。





華道の流派だと300以上!
300人の家元なんて凄い。



茶道はまだまだ少ないですね。


引用  ※一例 さらに多くの流派があります。



では?

規矩作法 守りつくすのを、教えても

破る方法を教えてくれる
茶道の先生はいるでしょうか?

点前を間違ってしまった〜💧
趣向を変えて楽しむ事も

全く 破るうちになんて入りませんね。

 一介の茶をしている人間が
どんなに破ろう、破ろうとしても
破りきれませんな〜

まして、離なんてありえまへん

孫悟空がお釈迦様から逃げ切れんのと
同じですわ。

結局、破り方なんて誰も教えてくれまへん

だから、自分が師匠から学んだ事を礎に


【規矩作法守りつくして破るとも
                   はなるるとても本を忘るな】

生涯この境地に達しないのとちゃいますやろか。


破って初めてわかることなんです。
それでも破れません。アイツは破っとる、
なんて見た事ないですやん。

海外に留学したら
やっと日本の事が分かるのと同じです。


破ったで!離れたで!

桃山時代のように、
利休居士や道安さん、織部さんのように
やられた〜
エグいわ〜という手本を
見てみたいですけど…。



茶道ベベベのさんべ、織部、伊部、ふくべの約束・男の茶道/沼尻宗真

炉開きの頃   11月になると
【織部、伊部、瓢】さんべの道具💧
自分も同じ経験があるので、本当に分かります



ところで

【織部、伊部、瓢】=さんべは目出度い

のは、何故なんでしょうか?


私は美濃の焼き物やなんで、
織部が売れるのは大変ありがたいのですが。


昔の先生方は3つ揃わなくても
皆の着物を指して“べべ”で
3つ揃いましたね〜
なんて素晴らしい逸話もありました。

茶がありますな〜まさにこれ!


結論から申し上げます!

べべべのさんべでですが、

茶人の洒落た言葉遊びだと私は思います。


必ず揃えるものではなく、楽しいからですね。

それがいつしか流れ〜  流れて約束
絶対信仰のようになる事って
世の中にごまんとありますね。



一説には

これは、密教の曼荼羅で

仏部、蓮華部、金剛部
さんべの根拠であるという説もあります。


禅、真言宗、天台宗等々
いっても元はみんな、お釈迦様ですし
宗教も茶道も分かれ分かれて変化し、
現代に発展しています。

どの宗派も流派も良い所を
学び合っていると思います。

日本人だから、私もハロウィンも
クリスマスも大歓迎です。



例えば、日本では

冬至にかぼちゃ南瓜を食べますが、
冬至の七種と言って

「ん」のつくものを食べると
「運盛り」といい、
「運」が呼びこめるといわれています。


「なんきんーかぼちゃ」「れんこん」
「にんじん」「ぎんなん」
「きんかん」「かんてん」
「うんどん(うどん)」を


縁起をついでいたのと同じ発想です。


または、六つの瓢で「むびょう」
無病息災なんてのも一緒です。




なので、
ベベベの呪縛から自由に解き放れて
自分なりの楽しい言葉遊びを
創ってお茶を楽しみましょう!



















東海第2原発再稼働。茨城県民大丈夫?

東日本大震災で隣接する福島県の

福島原発がメルトダウンにより

甚大な被害が出ました。


セシウムは関東一円の地表から

検出されています。

海も汚染されました。


東日本大震災では隣の茨城県も

北茨城や日立など

被害が大きかったはずです。


東海村からつくばより

東海村から福島原発の方が近いですよ


東海第2原発再稼働に関しては


最低限、茨城県民全員の住民投票に

するけどな。


そんな政治家がいないのは

茨城県民が選んでいるから仕方ないの

ですが。



冷静に大丈夫?茨城県民




東海第2原発、最長20年の運転延長を認可

2018/11/07 11:13

毎日新聞

東海第2原発、最長20年の運転延長を認可

 原子力規制委員会は7日、今月28日に運転開始から40年を迎える日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)に対し、最長20年の運転延長を認可した。新規制基準適合(安全審査)と設備の工事計画を合わせ、再稼働に向けて必要な三つの審査をクリアし、規制委の手続き上は2038年11月27日まで運転が可能になる。今後は、安全協定を結んだ県と6市村の地元同意が得られるかが焦点だ。

 原発の運転期間は原則40年間だが、1回だけ最長20年間、延長することが可能で、認められたのは関西電力高浜原発1、2号機、同美浜原発3号機(いずれも福井県)に続き4基目。11年3月の東日本大震災の被災原発では初めてで、事故を起こした東京電力福島第1原発と同型の沸騰水型(BWR)でも前例はない。

 原電は再稼働と運転延長を目指し、14年5月に安全審査、17年11月に運転延長を規制委に申請した。今月27日までに三つの審査で許認可を得なければ廃炉になるため、期限が迫る中での手続き完了となった。

 東海第2は出力110万キロワットの大型の沸騰水型原発。東日本大震災で運転を緊急停止し、外部電源を一時喪失、最大5・4メートルの津波にも襲われ非常用発電機のうち1台が使用できなくなったが、残る2台で冷却を続けた。

 こうした経緯から、原電が最大17・9メートルの津波を想定して設置するとした鉄筋コンクリートの防潮壁などの安全対策を、規制委は新規制基準に照らして妥当と判断。運転延長の審査では、原子炉圧力容器の劣化状態について、40年超の運転に耐えられるなどとした。

 今後、原電は東電と東北電力の支援を受けて安全対策費1740億円を調達し、21年3月までに対策工事を完了させる方針。

 一方、原電は再稼働に必要な地元同意について、3月に立地自治体の茨城県と東海村以外の周辺5市にも「実質的な事前了解権」を広げる全国初の安全協定を結んだ。既に同県那珂市の海野徹市長が再稼働反対の意向を明らかにしている。

 東海第2と同じ敷地にある東海原発は廃炉作業中。【岩間理紀】


東京都庭園美術館・重要文化財・茶室 光華にて茶道講座終了/沼尻宗真




満員のお客様をお迎えし、
無事に終了することができました。


参加者の皆様、美術館の皆様ご支援・ご協力
本当にありがとうございました。


©東京都庭園美術館

立礼席〜


和歌〜茶道までの変遷の歴史、抹茶の栽培や製造方法などの基本を学んでいただきました。





広間に入り〜 

床の軸を

   奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
声きく時ぞ 秋は悲しき

農具の箕を用いた、吹き寄せで皆さんをお迎え。



ここでは抹茶の点て方やコツを学び、
互いに点てたお茶を服していただきました。




©東京都庭園美術館


©東京都庭園美術館


また、見立てを使いながら、
自宅での室礼や楽しみ方を学び、
重陽の節句や、今年の干支は戌年なんで
コツも伝授?しました。





最後は小間に動座〜

水のせせらぎの音がする、この小間には
舟を浮かべ、色づきはじめた紅葉を
静かに眺めていただきました。


©東京都庭園美術館

主菓子 峰もみじ  と 
美濃焼 陶芸家 加藤三英 先生の 
詰 小倉山 を一服していただきました。 

©東京都庭園美術館



©東京都庭園美術館

©東京都庭園美術館


若い方、年配の方、ご家族の方、着物の方、沢山の方々と一緒にお茶を楽しむ事ができました。

「余情残心」「独座観念」なんて話に
なるのは、やっぱり男の方ならでは


茶道と一口に言っても、
点前、茶室、庭、懐石、菓子、陶磁器、漆器、
着物、軸、花、暦・歳時記、禅…等々 たくさんの切り口があります。

つまり、茶道には入り口が沢山あります。





最後になりますが、

庭園美術館並びに
茶室「光華」を作られた 朝香宮殿下を偲び
舟に白菊を入れました。


小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 
           今ひとたびの みゆき 待たなむ











【和ろうそく】の話・京都 無鄰菴茶会・男の茶道/沼尻宗真


京都・無鄰菴で開かれた

有朋名残の特別茶会
お手伝いをしてきました。

京都市の事業の一環の茶会です。

秋の夜長の風情に相応しい
和ろうそくの灯 の茶会でした。

茶道では夜咄の茶事はもちろん
和ろうそく を様々なシーンで用いますが、
しかしこの お世話になってる
和ろうそく あまり詳しく知りませんな。



今回の茶会に 和ろうそく を提供いただいた
中村ローソクさんに、教えていただ事を
紹介させていただきます。



一口に「和ろうそく」と言っていますが
茶道で使うものはその中の
「数寄屋ろうそく」との事です。

「数寄屋ろうそく」と
「和ろうそく」の違いは?

ろうそくに縦に走る線があるのが
「数寄屋ろうそく」との事。

実はこの縦に走る線、仕上げで
職人さんがあえて、掌で縦に筋を
つけているんだそうです。





なぜ、そんな事を?


茶碗にも生かしたろうかな〜なんて
思いますが、手跡が嫌いなんです💧

ヘラ目はいいな〜
茶碗にヘラ目を入れるのと、
同じですね。

茶道では
あえて名栗や、ヘラ目を入れる。
何故でしょうか?

草したいんかな〜



ろうそくが、なぜあんな形を
しているのかも分かります。

これから夜咄の季節、数寄屋ろうそくの
見方がかわりますね。








東京都庭園美術館・外国人ための茶道講座開催Japanese Tea Ceremony ☆沼尻宗真



東京都庭園美術館

重要文化財 茶室【光華】にて

10月21日に開催致しました

茶道ワークショップには満席のお客様を

お迎えし、無事に終了することができま

した。

参加者の皆様、美術館の皆様
本当にありがとうございました。

当日の模様は
後日紹介させていただきます。


引き続き、東京都庭園美術館では
11月17日土曜日に

外国人の方を対象とした
茶道ワークショップを開催いたします。

2020年東京オリンピックが迫る中、
外国人の方々には、益々日本伝統文化に
注目が集まっています。

通常は非公開であり、

日本唯一の皇室縁の現存する
重要文化財 茶室「光華」を堪能しながら

立礼席では茶道の歴史を学び、

広間では抹茶を一緒に点て、
自宅での室礼の方法や楽しみ方を

最後は小間にて主菓子と 美濃焼 陶芸家 加藤三英 先生の 瀬戸黒や黄瀬戸の茶碗 等にて一服していただくプログラムです。




全て外国人のお客様という中で、
私達の茶道ワークショッププログラムを
開催させていただくのは、

今後国内の企業や学校、
美術館などでの
茶道ワークショップはもちろん、

海外での 陶芸の個展や
茶道ワークショップ開催する場合の
試金石となりそうです。






Tea at the Teien: Japanese Tea Ceremony for Total Beginners (with English interpretation)

Sat. Nov. 17: Introductory Tea Ceremony Workshops in the Museum’s Garden Teahouse

Interested in the Japanese tea ceremony but don’t know where to start? Feel intimidated by all the etiquette? Since the renovation of the historic Kōka teahouse in the museum’s garden, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum has organized authentic tea ceremonies in the spring and the fall, including sessions with English interpretation. But many visitors have asked for an opportunity to learn more, starting from the very basics. In response, we are now offering special two-hour introductory workshops, held in the authentic setting of ourteahouse. The workshops will be led by certified instructors from the Urasenke School of Tea, one of the three historical households directly descended from the 16th century tea master Sen no Rikyū. Interpretation into English will be provided by journalist Alice Gordenker.

After explanation while sitting at tables, we will move into the large tatami-floored section of the teahouse for further instruction and practice. Then we’ll divide into small groups and perform an actual tea ceremony together in the intimate space of the smallest room in the teahouse.

The aim of these workshops is to make tea ceremony both understandable and approachable. Participating in this one workshop should give you the confidence to accept invitations to tea ceremonies without worry. You will receive a new bamboo tea whisk to use during the lesson, which you may take with you so you can enjoy making matcha green tea at home.


Date: Saturday, Nov. 17, 2018
Session 1: 10:30 to 12:30
Session 2: 14:00 to 16:00

How to apply: Reservations must be made in advance, for either the morning or afternoon session. Each workshop is a single session, so please choose the time the is most convenient for you.

Cost: 3,000 yen, including instruction, tea, a sweet and a tea whisk to take home. You will also need to purchase either museum admission (1,200 yen), which gives you access to the museum, current exhibition and garden, or garden admission only (200 yen).

Capacity: Limited to 15 persons per session (reservations will be closed as soon as a session reaches capacity).


Workshop content:
The ABCs of tea ceremony: understanding the basics (30 mins, seated at tables)

Instruction: how to prepare tea and use a tea whisk, how to receive sweets and tea during a tea ceremony, how to enjoy matcha and green tea at home (60 mins, in the large “Hiroma” tatami room)

Tea ceremony with “usucha” tea and a sweet (30 mins, in the small “Koma” tatami room)

Please use this form to apply.  Sorry, we cannot accept reservations by telephone or fax. Participants must be at least 12 years of age. Once registered, you cannot change to the other session. Once a session is full, we will not have a waitlist. Please do not wear jewelry or watches, or wear clothing that is difficult to sit in. Bare legs are not appropriate so men should not wear shorts and women should not wear mini-skirts. Slacks or longer skirts with stockings are appropriate wear. Because these workshops have interpretation into English, priority will be given to foreign residents and visitors, and Japanese accompanying foreign residents and visitors.

Contact
Alice Gordenker
E-mail:gordenkeralice@gmail.com