profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 東京都庭園美術館 重要文化財茶室 光華【上巳の茶道講座】開催しました☆男の茶道★沼尻宗真 | main | 第12回 現代茶陶展【TOKI織部大賞】受賞☆男の茶道☆沼尻宗真 >>

武野紹鴎所持【重要文化財 白天目茶碗】男の茶道★沼尻宗真



重要文化財「白天目茶碗」徳川美術館蔵


「白天目茶碗」多治見市 
無形文化財保持者
青山双渓先生の講演です。


すでにここ美濃では
唐物写しの天目茶碗を
15世紀には作っていました。


長次郎さんに利休居士が作らせた
と云われる「黒楽茶碗」より
100年以上も前にすでに
鉄釉の黒いかせた茶碗も
作られていました。


さらに300年以上前には
山茶碗が作られています。

それまで
茶色の釉薬ばかりの天目茶碗に
いきなり白。


白天目茶碗は、天正元年(1573年)11月に
織田信長が催した茶会で用いられた事例を
はじめ、この白天目出現の衝撃は
いくつかの茶会記に記されています。

徳川美術館、香雪美術館、
個人蔵の大名物の三碗は、



1995年に多治見市小名田窯下古窯跡から
「白天目」の陶片が出土し、
地元の陶芸家 青山先生が
「白天目」を長年研究し復元に成功しました。



曜変天目のような唐物天目と
白天目のような和物天目では
根本的に作り方がまったく違います。

その研究成果を手回し轆轤の実演を通して
詳細に解説いただきました。



存分に触らせていただけます。

ひきたての味と香り


また瀬戸で代々「曜変天目」を
復元している長江先生も
参加されていました。

本来なら極秘にしたい情報を公開し、
陶芸家だけでなく沢山の方に
知っていただこうと努力する
青山先生の姿勢に頭が下がります。


桃山時代から現在まで、
日本一の窯業地らしい
多治見市の素晴らしい活動の一環です。

茶陶の歴史が他の窯業地域とは全く違います。

白色をはじめ
釉薬のかかっている陶磁器の産地って
他にどこにあるか分かりますか?

人生が100年になっても
今はもう半泥子さんも、魯山人さんも
青山二郎さんも、白州正子さんもいません。

様々な個展会場でもそんな
陶磁器の知識のある方は
お見受けしませんし、
茶道の講習会でも見ません。


水屋から「取り合わせ」のマズイものを
持ち出して、2時間まったく無言
点前をさせてもらえない💧なんて
懐かしいザラにある思い出です。

つまり、先生方が
何を教えてくれていたかといえば
陶磁器・漆等々 道具の歴史や
成り立ちを知らないと
「道具の取り合わせ」ができない
茶道にならないという事です。

日本全国に様々な工芸の産地が
ありますから、ぜひお近くの現場に
足を運んで見てください。






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック