profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 茶道炉開き・茶人の正月・一様来復の意味とは?男の茶道/沼尻宗真 | main | 炉開きに、なぜ【ぜんざい】が振る舞われるのか?男の茶道/沼尻宗真 >>

【客】漢字の意味・お客様は神様です!男の茶道/沼尻宗真


スタジオジブリ・千と千尋の神隠し


前回は茶道の中で良く使われる



今回は、亭主とセットで

稽古をすれば必ず誰もがする

【客】という漢字について、

ご紹介致します。




「お客様は神様です」

日本人なら誰もが知っている

このフレーズ



1961年、演歌歌手・三波春夫さんが、

営業先で漫談家・宮尾たか志さんと

掛け合いをした際に

誕生した言葉と言われています。

それ以来、

日本人の「おもてなし」の精神を表す

代名詞になっています。


この【客】という漢字


宀部(べんぶ)は、大きな屋根の形で、
祖先を祭る廟みたまやを表しています。

各は、口が祭器を表し
神様が天から廟の中に降り、
格いたる形を表しています。

つまり、他から迎えた神様
客神を表しています。

日本では客神を
【まろうどかみ】
【まれひとがみ】とも呼んでいます。



平安時代前期の仏教説話集
薬師寺の僧 景戒著
『日本霊異記(りょういき)』には
「仏の神像なり」とあり、
外来のものに対する畏敬の念を
表しているようです。

客はのちに
神様を言うのでなく
人間の事を言うように変化し

客人つまり、お客様の意味となりました。

つまり、

三波春夫さんの

【お客様は神様です!】は

まさにその通りだったのです


茶道においては亭主以上に
お客様ほど、知識と経験が必要ですから

やはり、お客様は神様でした。





















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック