profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 東京 護国寺【観月茶会】予約受付中!婦人画報/沼尻宗真 | main | 恵那寿や「栗きんとん」始まりました!男の茶道/沼尻宗真 >>

【一口吸盡西江水】利休居士の大悟・男の茶道/沼尻宗真

【一口吸盡西江水】
いっくにぐじんすせいこうのみず
 

利休居士が参禅の師と仰いだ
大徳寺の古渓宗珍により示された禅語です。

この禅語により利休居士は
大悟したとされる非常に重要な禅語です。

片手落ちである、
それだけでは
利休居士の心には近づけないよと、

【一口吸盡西江水】も合わせて学ぶ
大切さを恩師が教えてくれました。



龐ほう居士こじが
馬祖ばそ道一どういつに

『万法と侶ともたらざる者、是れなに人』と
聞いたのに対し、

『西江の水を一口で飲み尽したら
いってやろう』と応こたえた故事によります。

沖本克己/竹貫元勝著『禅語百科』

茶を喫する際に、

雲門拄(しゅ)杖(じょう)子(す)化(け)して
龍と為る、乾坤(けんこん)を呑(どん)却(きゃく)し了(おわ)れり

解説はこちらから→引用:碧巌録六十則

に通じるようです。


茶道のおかげで禅語を学び、
また利休居士や古の人々、
そして

一番身近な自分の先祖にまで
思いを馳せる事ができます。

土本先生、
ご指導本当にありがとうございました。








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック