profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 10年で925話目/沼尻真一 | main | ジャパンタクシーの稚拙な記者と記事 >>

第三者委員会は流行語大賞!

テレビの無い生活をして

もう10年経ちますが、


それでもいろんな場所で

ニュースを見かけます。


最近は

何だか60歳以上のキレる人間が

話題になっていたり、

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/11/1117.html


政治家はあたりまえですが、

様々な行政や会社、大学、医者、

団体組織、スポーツ界等々を

牛耳る方々の問題を

やたらニュースで見ますな。


特に日本の教育や文化を司り、

管理監督する省庁自らが

逮捕者を出したり、事務次官の方が

次から次に辞めるのは

本当に残念です。


これでは、全国の医大、スポーツ界、

犯罪タックル大学を管理するなんて

到底無理です。



白を黒にする。

国の助成金の威力は凄まじいですな。



60歳以上の方はバブル全盛期に

ちょうど30〜40歳前後の方ばかりで、

日本が史上一番元気な時と

社会人の一番楽しい時期とが

重なりました。


60歳以上の方は、

人生の見本のような方で威厳があり、

政治や世の中の間違いに堂々と意見し、

世直しをしてくれるような

イメージがありました。


祖父はちょうど

1985年バブル絶頂期の

筑波万博開催地の政治家でした。


ある日

あの方は素晴らしい方だと、

とても感激して帰宅してきました。

もう70歳位の祖父がそんなに感激するのは

珍しいなと今でも覚えています。


その方は、

土光敏夫さんでした。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/土光敏夫


何が凄いかは、

はっきり覚えていませんが、

筑波万博開催条件と合わせて

一村三町の合併を国や県から

要請され、町は大きく揉めていた

時期でした。


自宅には、半グレやヤクザまがいの

人物が頻繁に押し掛け、

暴言を吐いたり、脅したり

祖父を拉致して行く事もありました。


そんな輩と、当時高校二年生位の

自分はやりあってましたから、

暴走族に入る余裕もありません。


今は 何事も無かったようにスマートに


つくば市 が形成され、

そんな半グレの何人かが、

後に市会議員になったり?

今はその息子が県会議員!になったり

しています。


だから有権者なんて本当に

いい加減なんです。

過去も未来も見てない、自分さえ

良ければいいという選挙だから

日本はどんどんジリ貧になってます。


そんな つくば市が誕生する

筑波万博の夜明け前に

土光敏夫さんが、国や県、

地元町村の間に入り、

合併問題を収めてくれたようです。


私利私欲を超越した人格と、

先見性ある大義に皆が納得したようです。


なので、お会いした事はありませんが、

土光さんが60歳以上の方の

自分のイメージです。


いまは問題が起きれば、直ぐに

第三者委員会です。


しかし、ボランティアの

第三者委員会はいませんから。

特に何も解決されません。

大衆の目線を反らす行為です。


むしろISO規格のように

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国際標準化機構


行政、企業、団体を全てを


審査、認可、更新審査のある

形にしたら良いと思います。


なぁなぁの日本人に

うちわの第三者委員会では

自浄は無理です。


弁護士が儲かるだけです。

そう言えば、アイドルも偉い坊さんも

犯罪タックル連中も弁護士を

同席させてますが、


さもちゃんとやってますの体で

弁護士同席の会見は

ろくなもんじゃありませんな。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/光市母子殺害事件


なので、


株式会社第三者委員会 が必要だと

思います。



















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック