profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 知足の蹲踞から、龍安寺茶室「蔵六庵」へ/沼尻宗真 | main | 茶道の中の鮎、天皇との関係/沼尻宗真 >>

岡倉天心×柳宗悦の伝えた茶道/沼尻宗真


私の郷里茨城の太平洋に浮かぶ、

真っ赤な小屋。


その中には  ただ海が広がっています。


岡倉天心著「茶の本」より


<茶人の美学>

茶人たちは真の美術鑑賞は

芸術を暮らしの中に生かす人たちにのみ

可能だと考えている。

だから、茶人たちは茶室の中で

手に入れたような高い水準まで、

自分たちの日常生活をも洗練

させようと努めている。

どんな状況でも、

心は静かに保たなければならず、

そして会話は、周囲との調和を乱すことが

ないように、交わされなければならない。

 

衣服の形や色、身体の姿勢、

歩き方にいたるまでの

すべてが、芸術的人格の表現と

なりうるものなのである。


自分自身が美しくなるまでは、

美しいものに近づく資格はない

のだから、これらのことは、決して軽視

されてよいことではない。

だから茶人たちは、

芸術家以上の何ものか、

すなわち

芸術そのものになろうと

努力しているのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・


つまり私が思う

「自分自身が美しくなる」ということは、


1、肉体的及び技術的な「表層的な美しさ」

2、心及び精神・知性など「内面的な美しさ」


この二つの両輪が伴って、

初めて人間が美しくなるという事です。

しかしこの二つも、


いずれも元を辿れば美しく健康的な

「素直な慈しみある心」

という、ただの一点からのみ

派生できるものなのです。

 

さらに言えば、それを昇華するには必ず

「信仰」がいるのです。



信仰とは宗教ももちろんですが、

自分の先祖や先達への畏敬の念と、

いま自分がこうして生を得ている

という事への

「感謝の念」や「祈りを捧げる」ことだと

私は思います。



率直に言えば信仰心の強い

日本国民の代替の中に

「茶道」も貢献しているのだと思います。

 

しかし現実には、それを阻害する要因として

三大欲求や、様々な欲望が生まれ、

他人との比較の中から

妬みや僻み見栄が生まれ、

成長する心を阻みます。

 

しかし時には、それらを「陽のベクトル」に

向かわせる事ができたならば、

驚くほどの屈強なバネになり、

よりよい方向へと拍車をかける、

ものにもなるのであります。 

然るに、我々茶の湯者として必要な事は

それらをいかにして「陽のベクトル」に向かわせることができるのかという事が重要です。

 

それを解く鍵は、

わび茶の祖と言われる珠光が

弟子の古市播磨法師に宛てた

「心の文」にヒントはあります。




たとえ人に「上手」と
目されるようになろうとも、
人に教えを乞う姿勢が大事である。

それには、
自慢・執着の心が何より妨げとなろう。

しかしまた、自ら誇りをもたねば
成り立ち難い道でもあるのだが。

この道の至言として、

「わが心の師となれ 心を師とするな」

と古人もいう。
 
つまり煩悩に支配される心のままに生きる
のではなく、
律する己が心を支配しなければならない。


我々茶の湯者にとって、この精神を
いかに自分たちの暮らしの中に
守ることができたかどうか、

つまりそれが「自分自身が美しく」なる
ということに近づくという事です。
 
極論を言えば、
なにも茶人が「美しい」のではなく、
茶人でなくともこのような
心がけで生きている全ての人々は
もはや「茶」などという
主観的概念に捉われる事無く、
すべからく「美しい」のであります。
 
ゆえに現代の世の中には、
茶人以上に美しい人が大勢いる事を
踏まえれば、
茶人はさらなる努力をし、
また日々の生活を心がけねば
ならないのではないでしょうか。
 
しかし、天心が
「礼儀正しい茶人になるつもりはない。」
と言っているように、

我々は茶人であろうがなかろうが

聖人君子になるべきではなく、
陰と陽、清と濁、理知と欲望、
理不尽な正義、生と死を乗り越える
気概と万物との調和を持ち
進まなければ、
次なる地を得ることはできない事を知り、
生き、暮らすべきだと思います。



・柳宗悦さん


また天心と同時代を生きた
柳宗悦さんの言葉もここに引用し、
今日の茶の湯を考える
分銅にしてほしいと思います。 


本来「茶道が美の宗教足りえるのは、
           美への直観が其の基礎をなしている」

しかし、世襲の家元や道具屋によって
茶が不純なものになり、
道から遠くなっているだけでなく、

茶人の多くは、

茶を茶室の中に限っているが、

「日々の暮らしの茶」

にしなければならないと

主張しました。


一目で分かる美しさは
表層的である場合が多い。

そうではなく隠密な美を見出すには、
見るもの自身の美への眼力がどうしても要る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在でも沢山の方に思想的な
影響を与えている
岡倉天心と柳宗悦の茶の湯観。
いかがでしたでしょうか?


二人ともアプローチが違っているだけで
ゴールは同じような感じを私は受けます。

家元制度が確立した現代では
流派が違えば点前手続きが違います。

これは当たり前の話です。

しかし逆を言えば、
そこだけが規範であり他は自由です。

驚きませんか、
皆さんのお茶は自由なんです!

つまり、流派の規範を言い訳に
自分の理想とする
茶の湯の姿って何だろう?と考えもしない、
まして追究しないことが

最も、もったいない事なのです。

稽古に行くだけが楽しみな方、
組織で偉くなるのが楽しい方、
お茶会に行くだけが楽しい方も
もちろん良いですが、

ここでは別として。


暦、茶室、庭、工芸、菓子、懐石等々
茶の湯の懐は広く深いものです。

自分が茶の湯の何がどこが好きで?
何を大切に?
どのようにアレンジし組み立ていくか?で


その人なりの心地よいお茶が
時間をかけずに完成するのだと思います。


故にどの流派の稽古も、
実は、そこを目指した課程だと
一旦立ち止まって考えてみて下さい。

ただ月謝を払い、師匠任せで

点前手続きを暗記する事を
長く続けているだけでは
自分がなりたい自分に
そこに到底辿り着かないと
自分自身が分かるはずです。


着物の華麗さを競うのでもない、

点前の流暢さを競うでもない、

茶道の古典知識をひけらかすでない、

まして躾教室や花嫁修業でもありません。



「自分が求めているものを、 自分が知ること」

それを岡倉天心や柳宗悦は
100年も前から 
茶の湯や茶道の危機感として
語りかけているのではないでしょうか。



沼尻宗真

https://ameblo.jp/chazenichimi










コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック