profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 『こゝろ』/沼尻真一 | main | 茶道のきほん講座開催します。 >>

大雨警報・土砂災害 多治見市


強い雨が岐阜にも降りました。

友人のいる京都、愛媛、広島、岡山

方面は大変な被害でした。


多治見は何とか無事でした。


自然災害があると、救助の有り難さが

分かります。


そんな中、

自民党総裁選を前に

7/8自民党の石破茂元幹事長は8日、

鳥取市で開かれた自身の国政報告会で

講演し、災害対応を一元的に担う

防災省の新設を、9月の党総裁選の政策に

掲げる意向を表明した。

石破氏は「これは絶対に

やらなければならないことだ。

公明党からも賛同を得ている」と訴えた。


実は自分も10歳ぐらいの時に

たぶん何らかの災害を見て

「防災省」とかあればと

もっと専門的にやれるのになと

思っていました。


また、震災後は必ず

避難所問題や

仮説住宅問題が起きます。


前の東日本の地震でも

ぐるっと海で囲まれた日本ですから、

国で「防災客船」を所有し

災害地に派遣する事で、

瞬時に5000〜8000名を

たった一隻で収容する事が可能です。


2隻なら2万人近く収容できます。

食事、水、風呂、トイレ、

プライバシーなど相当緩和できそうです。



・世界一大きな客船

運行会社:ロイヤルカリビアン社

全長:362.12m × 66m

重量:230,000トン

乗客:5,535名

就航年:2018年

2018年4月から就航した新しい船です。

シンフォニー・オブ・ザ・シーズは

ロイヤルカリビアン社の船


・日本で船に住民票は可能のようです。

横浜ベイサイドマリーナでは民間人3人が民間船に住民票を置いています。

但しマリーナ内だけのようで、好きな場所に係留して生活できないようです。



石破さんのような総裁選候補の方でさえ、

やっと今「防災省」を提起できる。


まして、毎年各地で震災が起きて

仮説住宅問題も軽減できる「防災客船」

なんて、あと何回ぐらい国民が被災したら

検討されるのかな?

気を失います。



せっかくの島国日本、

日本海軍から相承したものは

露と消えたみたいです。


・日本の避難所はソマリア以下❗

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/222363/070100003/?ST=smart


・避難所に行かない避難

http://www.risktaisaku.com/articles/-/1440





一方、

東京オリンピックとなれば

防災と話は別です。


JTBが企画したホテルシップ!プログラム


窓が無い部屋も400室あったので、

旅館業法でさえクリアできませんでしたが、

内閣官房や横浜市長の特別許可で

クリアできちゃうんです。


使用する船舶はサン・プリンセスで、

客室数は1108室、乗船可能人数は2022名。


「日本にある1000室以上のホテルは

10施設ほど。それがオリンピック期間中に

横浜山下埠頭に現われる」と意義を説明。


https://www.google.co.jp/amp/s/travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1129/439/amp.index.html


なんか、理不尽、矛盾みたいな

素晴らしい日本国。


我慢・忍耐が美徳、変わらなくて良いと

思っている方が多いから日本は

変われないのでしょう。


1964年の東京オリンピックに

作られた時から、56年間

人も物もあまり変わっていません。

だから、歳時記や風物のように

当たり前にいつもの事が繰り返される。

たぶん、あと100年経っても

心地よいから日本は変われないでしょう。


せめて2020オリンピック後は

そのまま

国民の為に防災客船として

寄付頂けないですか。


窓が無くても構いませんが、

カビとか湿気は大丈夫かな?



 ・沼尻真一の茶道・茶の湯に関する記事

https://profile.ameba.jp/ameba/chazenichimi



・駄菓子屋の革命家 春枝さん/沼尻真一

http://numajiri.jugem.jp/?eid=903



・「ハレとケ」遠野物語:日本民族学の祖 柳田國男 / 沼尻真一

http://numajiri.jugem.jp/?eid=590

































コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック