profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 雨にも負けず、風にも負けず/沼尻真一 | main | われ反抗す ゆえにわれあり/沼尻真一 >>

満たされた世界の危険性/沼尻真一


こんな多治見の田舎でも、

車のあおり運転を

された事があります。


まぁ相手も

こっちが

イカツイ車なら

してこないんでしょうが、

何せ小さな国産なんで。



それにしても、

日本は戦争もなく、

300円で3食食えて、

あらゆる情報が手に入り、

容易く三大欲求を満たせる、

便利で恵まれた時代です。


しかし、

20年前より荒んできていると

思います。

たぶん満ち足りているからなんでしょう。

満ち足りると危険だと思います。


https://bec-coltd.xsrv.jp/corporate-site/mitasaretasekai


一応20代では

大型で長距離トラックの

運転もしてたから、

俺の場合は、

優しくファサードを点けて止まります。


もちろん車には

木刀もナイフもピストルも

常備してませんが、


相手も車を止めて

降りてくれば、

何でそんなにあおるのか?

話も聞けるでしょう。


一度目の輩は降りてこない


二度目の輩は

中央高速なんで、

あまりに逃げるから

話が聞きたいから、

ついていきました。


そしたら、何と急ブレーキ❗


プロだね、慣れてます。


今は警察もあおり運転を

取り締まるようですが、

捕まえられないし

日本人はどうせ

守れないでしょう。



トヨタもネットに連動する車を作るので、

運送屋のデジタコみたいに

全ての走行データが

警察に送信される時代になって、

初めて守れました。になるでしょう。

運転マナーは難しく

幼稚園児みたいなもんです。

https://toyota.jp/tconnectservice/



教習所では

何だか最近はAT限定とかで

かなり容易く免許取れるようです。


自動車学校を経営している

知人を3人も知ってますが、

まぁみんな仏様のような

方です。


ハイブリッドで

エンジン音もしない車で

突っ込んだり、

落ちたりするなら、



MT坂道でノッキングして

教官に怒られる冷や汗も

やっぱり

必要なんじゃないかな〜




そんな免許だけでなく、


何でも苦労するのはムダ、

難しくて時間が係るのものはダメ


なんて風潮になってきました。


つくばにある私立高校も

伝統の4キロ臨海遠泳が無くなった様です。

怖くて入学希望者が減るそうです。


人間って凄いんです。

極限の事をやってると伸びて成長する。

しかし、たった1週間やらなければ

すぐに鈍ります。


だから、

普通にしてると

簡単な方に、安易な方に、楽な方に

人間だもの!

自分も含め誰もが馴染みます。


昔、愛知陶磁資料館を案内した際に

85を過ぎて今でも現役で

京都、大阪でお茶の指導を

されている恩師に

心がけている

大切な言葉を教えてもらいました。


約500年前に一休禅師にも参禅し

わび茶の礎を作った

珠光さんの言葉です。


心の師とはなれ、心を師とせされ、

と古人もいわれし也"


わが心の師となれ 心を師とするな

 と古人もいう。


http://nobunsha.jp/genbun/post_86.html




良いものや深いものは

何でも時間が係ります。


もっと!もっと!

単に数が多い事が良しではなく、

良質の一点、一撃必殺には

もはや言葉を失い圧倒されます。



もしミュシャのスラヴ叙事詩が

小作品で、次から次に完成して

人目について販売していても、

今のような感動は無いと思います。


この絵から学べる事は沢山あります。



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/スラヴ叙事詩


スラヴ叙事詩はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。



・京都龍安寺・水戸光圀公

 「吾唯足知」つくばい − 沼尻真一

http://numajiri.jugem.jp/?eid=652


・ハレとケ 柳田國男

http://numajiri.jugem.jp/?eid=590



















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック