profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 雪駄MEN/沼尻真一 | main | 満たされた世界の危険性/沼尻真一 >>

雨にも負けず、風にも負けず/沼尻真一


キミーこんな昼間の時間に

自由にできるなんて、

どんな仕事?と


ある

とてもとても

神経質そうな真面目な社長に言われて、


萩で

代々陶芸一家である

波多野先生も

僕が幼稚園に迎えに行くから、


あのお父さん何してんのかしら?


なんて言われますよ。


って言ってた事を

思い出しました。



そういえば、


何で〜

あなたの年代で

お茶学べるの〜?



なんて聞かれて

カチンときて、


まぁ抑えながら


お言葉ですが、

茶の湯を知らずに

美濃で茶碗作ってもしょうがないんで、

一応自分のまとまった金ができたから

学びたいと。




じゃあ、

テメーは

高卒や大卒のガキに

どうしてお茶学べるのか?

聞くのかよ?


誰の金なんだよ、

それは?


金を恵んでもらいながらの

茶の湯ってどうよ?




ゴルフだろうが、伝統芸能だろうが、

俺は絶対認めねーし

違うと


心底思うよ。


って心は叫んでました。



名前は出しませんが、

その世界では有名な方です。


啓蒙するべき人間でも

このレベル


むしろ、


昼日中に

テニスコートや、

ファミレス、

カフェにいるのは

元気な女性ばかりですよ。

お茶も9割おばさんです。



何で男はいないのでしょう?

女より早く死ぬのに。


一生懸命働いてる男が

自由で無いなんて?


まぁ賭場にはいるけど。



日本人が有給も取れずに

一生懸命働きながら

ドルの安定の為か、どっかの国の為に


一生懸命に円高にして、


安定為替としてドルが売られ

円が買われました?


おいおい、誰も買ってくれなんて

頼んでねーよ!

なんなん この安定為替?


つまり安定してる所が無いんかい。

日本人が安定し過ぎなんだよ。



安定しながら

自分で自分の首を締めるなんて、

勤勉が日本人の誇りみたいな

スローガンはいかがなものか。



しかし最近は

あまりに過労死が多いから

わざわざ 役所のおじいちゃん達に

働き方を決めてもらわないと、

自由な休みも取れない恐ろしい

弱肉強食社会の日本。



そしてGW・お盆は大混雑、

費用は高騰と、二重苦三重苦に

日本人は50年以上耐えながら、

グリーン車の半袖短パンの

インバウンド外国人達を眺める現代。


おしんだよ日本人。



ルイヴィトン、シャネル

ドンペリ、フェラーリだって

持ってる日本人には絶好調。


そんな日本人憧れの品々を生む

ヨーロッパの人が

どれだけ血の滲むような

労働をしているのでしょうか?


その働き方も

きっと昭和の勤勉な美徳に

洗脳され、

誰かのいいなりに何かを信じてる

カタギには参考になりますよ。


                 *



・2017世界幸福度ランキング


最も幸せな国とされたのはノルウェーだった。日本は51位。


https://m.huffingtonpost.jp/2017/03/21/world-happiness_n_15505470.html



・祝祭日と有休消化分を合わせると

  日本はビリから2番目 ‼


結果を見ると、祝日ランキングでは

順位の振るわなかったヨーロッパ勢の

台頭が目立ちます。

一位はスペインで合計44日です。


一方、日本はというと、

有休消化日数の低迷を受け、

合計では25日の8位となりました。

また、日本の有休消化率は

50%(10日/20日)であり、

この数字は世界でビリから2番目とのこと。


http://magazine.border.co.jp/biztips/days-of-celebration




・フランスの働き方

私の国、フランスでは、社長よりも

先に職場を出るのに誰も抵抗を感じないし、仕事が暇になったとき、わざわざ

何かしているフリをする必要を

感じないから、自分にとって、

日本人の「働き方」や「職場文化」は、

とても新鮮で関心深いものだった。


https://toyokeizai.net/articles/amp/167286?display=b&_event=read-body



・パリの休暇

「フランス人は、なんであんなに長く

休めるの? 私だったら何をすればいいか

わからないし、仕事にも復帰できない!」。東京で働いていた頃、日本人女性の同僚が

腹立たしそうに言い放つのをよく聞いた。

どうやら、日本人からすると、

フランス人が夏休みをあれだけ長く取る

意味がわからなかったようだ。


https://toyokeizai.net/articles/amp/183631?display=b&_event=read-body



・お昼寝の時間

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シエスタ




・index


⚫新しい暮らし〜目からウロコ、建築の限界

建築家 山本理顕先生×難波和彦先生×二期倶楽部 代表 北山ひとみ氏

http://numajiri.jugem.jp/?eid=557


















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック