profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< marimekko茶会 episode 水指 ガラス編・茨城県陶芸美術館/沼尻真一 | main | marimekko茶会 茨城県陶芸美術館 episode 司電気炉製作所 加藤貴也さん/沼尻真一 >>

marimekko茶会 episode 茶杓を削る編・茨城県陶芸美術館/沼尻真一


フィンランドの国樹
白樺が届きました。



白樺はサウナの燃料や
若葉を束ねヴィヒタとして
サウナ内で利用されています。


また日本でも知られている

キシリトール成分など
フィンランドの暮らしの中に

広く浸透しています。

今回はこの白樺を用いて 

marimekko茶会用に 茶杓  を作ります。

茶杓は単に

一生懸命削れば良いのですが、

一見するとどんな茶杓も

薄く華奢なようで、実はそうでもありません。

櫂先に向けゆるやかに広がっていたり、
雉子股から船底になっていたり、
あの細く小さな世界に実は

沢山の見所が閉じ込められています。


切止めが五ツ切や三ツ切、

共包の真行草などもあります。



茶碗もそうですが、

茶杓も自分で削ると全てが分かりますので、

ぜひご自身で茶杓を削って
一服してみてください。

・参考書

    池田 瓢阿著 淡交社刊
    はじめてつくる茶杓・共包






・利休 作   銘「泪」 徳川美術館より

  【桃山時代、16世紀古田織部・徳川家康所持】


日本でもっとも知られている茶杓は

利休居士最期の茶杓です。

天正19年(1591)2月、豊臣秀吉に

切腹を命ぜられた千利休が、

自ら削り、最後の茶会に用いた茶杓として

知られています。

茶会後、古田織部に与えられ、

織部は長方形の窓をあけた筒をつくり、

その窓を通してこの茶杓を位牌代わりに

拝んだと伝えられます。


利休居士の時代とは違って

これだけ情報も道具もある

便利な現代だからこそ、
ただ買い求めてきた道具を

並べるだけの茶の湯ではなく、

高価な唐物から、

安価で身近な竹を用いて花入や茶杓を削り、

崇高な美を築いた利休居士。


その創造性や、心入りの振舞いを

現代の茶の湯の中でも
大切にしたいと私たちは思っています。





 






※marimekko茶会メイキングを本ブログまたは

下記ブログより順次配信して参ります。

https://ameblo.jp/ebisoko/entry-12366937442.html


・marimekko茶会 


茨城県陶芸美術館

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
当館地階オープンギャラリー
マリメッコ茶室「真理庵」

定員 各回とも先着10名
(先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012 

http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp


※当日はこれまでの茶会記をまとめた

  section作品集 500円税別SHOPにて

  販売しております。


























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック