profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 利休忌と菜の花/沼尻真一 | main | marimekko茶会を開催致します。茨城県陶芸美術館/沼尻真一 >>

端午の節句と菖蒲の湯加減/沼尻真一

 

鯉のぼりも最近はあまり

見かけなくなりましたが、

悠然と泳ぐ姿を見た時には

やっぱり壮観です。

 

最近はこれでもかって具合に、

鯉のぼりも、雛人形も飾りますが

何段飾りや、何匹は業者の思惑ですね。

 

冷泉家の雛人形も御内裏様と御雛様のみ

ですから、鯉のぼりもありますね数が。

 

自分も子供の頃に鯉のぼりを立てて

もらった記憶があります。

 

やがて

 

そんな記憶もとっくに薄れた頃に、

 

子供の頃に罰として

閉じ込められた築120年ぐらいの

蔵の二階に上がって

押し入れの戸を開けた時には、

あの鯉のぼりの大きな目玉が出てきて、

本当にびっくりしました❗

 

デカイ❗

 

畑には葉菖蒲が植わっていて、

このブログにも良く出てくる

大正生まれの ばあちゃんがわざわざ

菖蒲湯をしてくれるんですが、

鼻が溶けるぐらい強烈で

子供の頃は、見つからないように

風呂の外に出してました。

 

 

いずれにしろ、

子供の頃の記憶

幼児体験はちゃんとあるもので、

 

世の中、暦を重んじるような

稀有なおばあちゃん達は

少なくなってきているので、


歳時記にまつわるこんな習慣を今は

若いご両親が担っていくのだと思います。

 

春めいた上巳の節句も終わり、

桜が咲いたら

すぐに「端午の節句」ですね。


なぜ「端午たんご」

と言われているのか?

意外に知られていません。


中国漢の時代以降の暦として
月を十二支で表記し

11月ー子(冬至を含む月を子とする)
12月ー丑
 1月ー寅
  ↓
 5月ー午

つまり午うま

 

五月は午の月であり


その午月の端の日

 

つまり端とは、なんと(はじまり)を
意味して最初の午の日を

 

端午としました。

その後、

 

やはり 3月3日、7月7日、9月9日と

同じように

 

午の重なる
5月5日が端午の節句となりました。

 

夏至前の時期、

疾病予防や邪気を祓う
ために蓬や菖蒲などの薬草を摘む
習慣が中国から日本へ渡り、

鎌倉時代以降は菖蒲が尚武と
同じ読みから、男の子の成長を
願う節句へと発展したという事です。



 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック