profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 茶道教室の選び方/沼尻真一 | main | 君の名は。/沼尻真一 >>

花びら餅は、何の花びらですか?ごぼうの由来・茶道初釜・京都 川端道喜/沼尻真一

※写真は川端道喜 葩餅 京都和菓子.com


初釜の時期ですね〜。


先日は師匠の所でも

初釜があり、道喜さんの

花びら餅を頂きました。


干菓子は亀屋伊織さんでした。



社中の初釜で御家元と同じ、

こんな素晴らしいお菓子を

頂けるなんてほんまありがたいです。


元は一月元旦の宮中雑煮の

雉酒の具として使われてきたものが、

葩餅の起源との事です。


しかし、いま伝わっているものは

明治四年、六年に十二代道喜さんが東上し

作り方を宮中へ伝えたものとの事。


だから、道喜さんの

花びら餅は貴重なんですね。


ちなみに 道喜さんでは

「花びら」餅ではなく

「葩餅」 と表記しています。


ちなみに「葩」意味は

はな。ぱっとさいたはな。

白いはな。はなやかなさま。

あざやかなさま。



https://www.daitakuji.jp/2014/04/22/花-か-華-そして-葩-の字-散華/?mobile=1




宮中という事で思い出したのですが、


今上天皇が来年

平成31年4月30日譲位した後は、


ぜひ京都へお戻り下さい!


と、京都を上げて大々的に

やってましたけど、

もう一向に聞かなくなってしまいました。


明治になってな〜

天皇さんはちょっと東京へ

出張中なんや!


という話を

京都に住んでる頃は

良く聞いていましたから、


仕事が終わり隠居しても

京都には戻らないなんて〜


一大事!

あの話も無くなりますわ。


また日本の首都論争もこれで

終止符が打たれましたね。


まあ生まれも育ちも東京ですし。


話を元に戻して、


正月初釜には大変にありがたい


花びら餅って、ところで


何の花びらですか?


1さくら

2もも

3うめ


正解は一番↓に



禁中年中行事を示した

「御定式御用品雛形」という絵巻物には、


白い葩12枚、その上に

紅の菱餅12枚、それと押し味噌、

竹皮で包んだ飴等々とまじり

年魚つまり鮎を二匹この

菱葩の上に並べてあります。


四季草という本には

「餅は魚物一色付ければ

一献初献の肴となる」


つまり餅も酒の肴になる!

ゆえに宮中元旦の雉酒の肴に

なっていたという事なんです。


「鮎」は宮中ではおめでたいもので、

保津川、大堰川、桂川から「鮎」が

よく宮中へ入ってきたようです。


・なぜ、鮎はめでたいか?

http://numajiri.jugem.jp/?eid=799


いまはこの二匹の鮎がゴボウに変わり、

全国に花びら餅が広まりました。


ちなみにこのゴボウは

京都だから堀川ゴボウではなく、

大味でない、埼玉入間のゴボウを

当時は使われていたそうです。


狭い日本の地産地消なんて

意味が無いですね〜


多治見にも正月から

大きな手製の看板に赤文字で

「花びら餅」と、書いてありました!



自分の多治見の窯場の周りには3軒も

歩ける場所に和菓子屋さんがあり、

大変有難いです。


故郷つくばには1軒も和菓子屋さんが

無いので、街としては大きくなりましたが、

文化的には本当寂しいですね。


でもこんな歴史を知って

花びら餅をいただくと、

有り難さと、美味しさが違ってきますね。


ぜひ茶道をしていない方でも

一度近くのお店の花びら餅を

食べてみてください!


最後になりますが、改めて

御粽司15代川端道喜さんの記録に感謝です。


沼尻真一


正解は、3うめ です。



・結び柳って、何で結ぶのですか?





























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック