profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 謹賀新年 平成三十年 戊戌/沼尻真一 | main | 花びら餅は、何の花びらですか?ごぼうの由来・茶道初釜・京都 川端道喜/沼尻真一 >>

茶道教室の選び方/沼尻真一

阿部宗正先生と


新年に

これから茶道を始めて

みたいな〜と

思っている方に向けて

私の分かる範囲で

書いてみたいと思います。


茶道教室って本当に

沢山ありますね。


しかし、どこで習ったら

いいか全く分からない、

初心者には全く

ミステリーの世界だと思います。


一度踏み入れたら二度と抜けれない、

そんな怖いイメージもありませんか。


茶道の先生になりたいと思う方は別として、


茶道を学び、日本人として

生活の中にも役立てて

いきたいと思うような方に向けて、

書いてみます。


※あくまで私見ですので、あしからず


⚫いきなり結論


1,点前の稽古だけでなく、和歌や歳時記を

教えてくれる教室


点前も大切ですが、それ以上に

日本文化を網羅した、茶の湯の

総合的な魅力を現代の暮らしの中や、

心へ伝えてもらった方が

よほど役に立ちます。


※和菓子、懐石作りを教えてくれる

先生もいます。


2,京都市内に住んでいた事がある、

住んでいる

又は京都市内出身の先生に学びたい


茶の湯は京都の歴史や文化に

育まれているからです。


想像では妄想するだけですし、

実際私も京都には4年間住みましたが、

観光で行く京都と、暮らす京都は

まったく180度違います。


観光で京都へ1000回行っても分かりません。


3,茶事を経験している、または

実践してる先生に学びたい


全て茶事から派生しています。


4,ヒステリック、あるいは

単に厳しくない教室


ヒステリックに怒られても、

身に付きませんし、長続きしません。


何だか叱られるのが「道」の

修行だと思う真面目な方や、

道だ道だと叱る叱られるのが

好きな方が多い気がします。


しかし、本来の茶道は

躾教室でもマナー教室でもありません。


躾は親がするべきものです。


家事でも仕事でも、

日常生活はもう十分「道」ですから、

茶の中に求めなくていいでしょう。


また性格や根性までは、

茶道では治りませんし。


しかし、先生になりたい方には

厳しさは必要だと思います。


5,男女バランスよく生徒/弟子がいる


老若男女いる教室の方が

多様に学べるからです。


6,稽古場が綺麗、環境が良い


気持ち良く学び、ゆっくり味わいたいです。

白足袋が汚れない方が…。

大小関係なく庭もあると嬉しいです。


また、

白ソックス

白ソックス

言われますが、

スーツに白ソックスは子供だけです。


道中から履いてきたものを、

新しいものに履き替えるのが約束なんで、


もちろん洋装なら相応しいもので。

スーツなら黒いソックスにしてます。



7,稽古日にちゃんと室礼をしている教室


先生の実践を見て、参考になるからです。

ここに気を使える先生は

水屋/稽古場のバックヤードにも

季節の道具の取り合わせが

できてるはずです。


8,先生が着物で稽古している


着物は見栄でなく、

着物を着て点前をしないと実は

分からない事ばかりなんです。


それに先生から着物の着方も学べて

一石二鳥です。


9,先生の有名、偉いは二の次・三の次


確かに有名、偉い先生は実績がある方

ばかりですが、やはり教室の適度な人数、

その先生の方針や和みある雰囲気を

最重視したいです。


流派が同じなら同じ事を学べるとは

限りません。先生が誰にどこで

茶の湯を学んで来たのか?

若いベテラン関係無く

経歴は非常に大切です。


また会社組織で行っていない、

おうちで稽古の方が私は好みです。

生活芸術ですから…


10,複数選んで稽古場見学に行ってみる


比較したら分かりやすいです。


以上


小中高、または自動車教習所のように

茶道を教えるのに、マニュアルが

あるわけではないので、

やはり各教室の方針や雰囲気が

一番大切だと思います。


なので自分だったらこんな稽古場に

行ってみたいな〜

と思う項目を挙げてみました。


新年に

誰かの

小さな一歩になれば幸いです。


沼尻真一















































コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック