profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< そして黄瀬戸とだけ書いた/沼尻真一 | main | ミルボール知ってます? >>

岡本太郎の茶の湯/沼尻真一


大徳寺で開かれた茶の研究会で、

一人の男性が


「茶はどんな恰好して飲んでもよいではないか、形にとらわれるのは無意味だ。」


その発言者こそ誰あろう

すでに名声を得ていた

岡本太郎氏だったという

昔話です。


なぜか?


歌舞伎の所作には

自由を追及せずに、


なぜ、茶の湯になると


「利休だって自由だったろ」

「だから茶碗なんて

自由に作ればいいんだよ」とか

「勝手に自由に茶をやればいいんだよ」

という声に変わるのでしょうか?



この

岡本太郎氏の発言に

明確に答えられる方こそ


一番大切な

茶の湯の本質を見極め、

さらに創造できる方だと

私は思います。


だから茶の湯を体験しただけ、

点前の稽古だけでは

茶の湯の本質が

分からないんだと思います。












コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック