profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 夏の甲子園、茨城準々決勝で常総学院惜敗/沼尻真一 | main | 多治見、夏の終わり >>

この世界の片隅に/沼尻真一


終戦記念日も近いので、

この映画を見ました。


評判通り、

これまでの戦争映画を見終わった

ような感情は生まれませんでした。

また違った感覚でした。


きっと、

ボロボロになりながら友達と

回し読みした「はだしのゲン」や、

「蛍の墓」さえ知らない世代には、

新しい基準になる映画だと思います。


ただ、帝国陸軍へ出征していた祖父や、

家を守った祖母から聞かされた話が

自分にはあまりにリアルで印象深く、

殺伐とした中に必死に生きた

戦争の時代というイメージの中に、


人間的で優しいトリミングが

多い事には、正直自分の中に

違和感を覚えました。


もし、

逆にあのネガティブで

リアルで残酷な話ばかりでまとめたら、

映画にもならないんだろうな〜と。


戦時中も大変、

しかし戦後はもっと大変。

混乱期にGHQによる強制農地解放の話を

多くの方から良く聞きました。


やはり戦争にはルールが無いと思います。

どんな手を使っても、残念ながら

戦勝国に正義は生まれてしまうと思います。


今はこのように、

ゆっくり映画も見れる時代で、

本当に良かったです。


あらためて日本を守り

築いてくれた先達の方々に

感謝するだけです。


沼尻真一


















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック