profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 京都・祇園祭 八坂神社の茶会・祇園万亭、一力/沼尻真一 | main | この世界の片隅に/沼尻真一 >>

夏の甲子園、茨城準々決勝で常総学院惜敗/沼尻真一


全国ニュースにも残念ながら、

常総学院が茨城準々決勝で負けた事が

取り上げられていました。

試合はラジコで聞きましたが、

完全に勝てた試合に感じたので

残念でした。


しかし、ベストを尽くした選手には

本当にお疲れ様でした。

試合内容は、

もちろん素人が
戦術を言ってもあれなんですが、

今回は戦術を?考えさせられました。

毎回の毎回の
残塁も多かったな〜、

ここでバント?

ここでピッチャー交代?

このピンチに、
スリーボールから一球待たないの?

?がいっぱいでした。

振り返れば名将、

木内監督率いる取手二高が、
県立にもかかわらず、

あの桑田、清原のPL学園を

決勝で破って、夏の甲子園で
優勝した感動は茨城では、もはや伝説です。

その後、常総学院の監督となり

ダルビッシュ有選手などを破り、

春・夏の甲子園優勝と

素晴らしい実績を残し

高校野球常連校として導きました。

現在監督の佐々木監督は

取手二高優勝時代の教え子です。

昨年から感じてたんですが、

もう昔の高校野球じゃないな〜と思います。

春夏連覇とか以前はあまり、

ありませんでしたから。

どんなに優秀な選手を揃えても、

どんなチームや選手に育成するのか?


方針次第で3年後には

まったく違う結果になるんだな〜と。

今年春夏連覇を狙う
大阪桐蔭の選手や、


昨夏、常総と対戦した
秀岳館の選手を見たら、
そりゃ体格が全然違いますよ。

もう監督の奇策とか
気合いと根性だけじゃないですね、

150キロ超え当たり前の時代です。

柔道、野球、ラグビーの
トレーニング内容も、
もろもろガラッと変わりました。

今年の春に、

日ハムの大谷選手のトレーニングを

隣で見た時にも、目的に合わせた

トレーニング内容が大事な時代に

やっと日本もなってきたんだな〜と

感じました。

きっと高校野球も過渡期なんですね。

























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック