profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 日本陶芸展茶会・茶道ワークショップ開催のお知らせ・茨城県陶芸美術館/沼尻真一 | main | いばら ぎ じゃなく いばら き/沼尻真一 >>

骨董品を知ればお茶がわかる?/沼尻真一


骨董品巡り楽しいですよね。


以前も話しましたが、


小5の頃に土器クラブを作って


町の歴史なんかの本を参考に、


まだ発掘調査されてない古墳を


賊として発掘しました。


発掘した土器は、大事に置いといたつもりが


ばあちゃんに、植木鉢のかけらだと思われ


庭にバラバラに撒かれてから、


やる気が失せました。


こんな話ではなく、


お茶をされている方は陶器好きな方と、


全く興味無い方に分かれますよね。


自分も土器から陶器が好きでしたから、


骨董品も好きでしたが、


お茶をするようになってから、


逆にあまり興味がなくなりました。


一通り見ると大枠同じに見えてしまう


からかも知れません。


また


骨董品の知識やウンチクがある事は素晴らし


いんですが、所持者以上に知識のある人も


いないですし、


できればその所持者の方の思い入れの方に


自分はとても興味があり、だから


お茶も好きです。



今は誰もが、その気になれば


一流の骨董品を目にする機会が


多くありますよね。



まだ見た事の無い気配や、雰囲気を


新旧かかわらず見てみたいと思っています。








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック