profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 多治見の桜並木は、ぽっぽやから/沼尻真一 | main | きっちり床屋さん。/沼尻真一 >>

茶道七事式・七転び八起き/沼尻真一


七事式  しちじしき

-日本大百科全書より


茶の湯修練のための式作法。


本来、心技両面の錬成を目的として制定されたもので、七つの式作法からなっている。


江戸中期ともなると、茶の湯も漸次遊芸化してきた。


これを憂慮し将来を案じた表千家7世如心斎(じょしんさい)が、弟の裏千家8世又玄斎一燈(ゆうげんさいいっとう)と相談し、

大徳寺の大竜和尚(おしょう)、

無学和尚の教えを請い、また各方面の意向もいれ、協議を重ねて決定したもの。


七事式の由縁は、中国宋(そう)代の仏書(1125完成)『碧巌録(へきがんろく)』の「七事随身」による。


このうちの廻り炭は炉の季節で、他は無季。風炉(ふろ)は廻り炭のかわりに花寄せがある。


花月 

互換機鋒看子細

 

且座 

是法住法位

 

廻り炭 

端的底看漸


*実際は“漸”の字の下に“耳”がつく漢字で、“にい”と読みます。


廻り花 

色即是空凝思量即背


茶かぶき 

于古于今截断舌頭始可知真味


一二三 

修証即不無染汚不得

 

員茶 

老倒疎慵無事日 

閑眠高臥対青山


と解説されています。


元禄三年1690年が利休居士百回忌頃より、「南方録」の成立などから利休居士回帰現象が強く現れ始めたと

言われています。


確かに元禄時代には、

「茶道の繁昌〜」茶人藪内竹心が記した書「源流茶話」にも述べられています。


いっぽう


大辞林には

五〜一〇人が一組になって行う

遊戯的な茶の湯の式法。


あの七事式が「遊戯的な?」


と解説されています。


「大勢稽古に会する時、たた一筋に茶をたてる斗ばかりにては、その座しめり過て、

あるいはしまらず、世上の雑談などにまぎれはたすこともあれは〜」茶話抄


つまり茶道人口が激増していたこの時代、

利休居士回帰の精神主義が強調されつつも、


あわせて茶道における求道性の緩和、

遊興性の復活がはかられたと

云われています。


楽しくなければお茶じゃないって

感じでしょうか。



「七事式」をとっても、


江戸時代からすでに、


お茶は求道なのか?


遊興なのか?


は意見が分かれる所だったようです。


だから七事式は、

求道やねんって言われても、


実は正解でもあり〜


誤解でもあります。


しかし、現代では


あの複雑さと、各種道具の扱いを学べる点、

正座の長さは、確かに求道そのものです。


沼尻真一


 ・沼尻真一の茶道や茶の湯に関する記事

https://profile.ameba.jp/ameba/chazenichimi


























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック