profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 北の国から〜贈る言葉・倉本聰/沼尻真一 | main | 茨城県陶芸美術館・現代の茶陶展・現代の茶道・正月の茶会/沼尻宗真・沼尻真一 >>

茨城県陶芸家美術館にて茶会・ワークショップを開催します/沼尻真一

 

⬛茶会のご案内

 

現代の茶陶展のコンセプトに沿って企画した
茶会を開催致します。

 

お茶が初めて、

お茶の世界に興味があるという方に。

 

飲み方や作法にこだわらない、

お茶が本来持っていた
自由な楽しさを感じて頂けるような

趣向にしたいと思います。

 

胡座または

椅子の用意がありますので、

正座ができなくても大丈夫です。

ぜひお気軽にご参加ください。


●祝の席 1/22(日) 

終了。完売ありがとうございました❗

 

●福々の席 2/25(土)

終了。完売ありがとうございました❗

 

●桃の席 3/12(日)

終了。完売ありがとうございました❗

  正月茶会の様子はこちら!

 

  節分茶会の様子はこちら!

 

 上巳茶会の様子はこちら!

 


 

各席: 10名

 

10時〜、11時〜、12時〜、
13時〜、14時〜

 

ご都合の良い日時、時間帯を
お選び頂き御予約ください。

もちろん三回すべての御予約も

可能です。


 

 

 

会場は、板谷波山先生の

映画「Hazan」のロケで

実際に使われた再現工房兼住宅です。

 

 

料金:一人500円
         (薄茶+お菓子)

 

場所:茨城県陶芸美術館
         板谷波山住宅(復元)

 

先行予約受付中
予約:0296-70-0011
         茨城県陶芸美術館

 


             

                     …

 

⬛ワークショップのご案内

 

お茶が初めての方の為の、茶の湯体験講座


「わび茶でおもてなし」

 

 

 

日本古来の美意識「わび」を

表現した形がお茶です。

 

今回のワークショップでは、

 

ご自宅でのお茶の点て方から、

実際に茶花を入れながら、


誰の中にもある「わび」の感性を
発見する楽しいワークショップです。

 

お茶が初めて、

 

お茶を体験してみたいという方に

 

ぜひオススメです。

 

 

お茶がまったく初めての方でも

 

ご自宅で花を入れ、お茶を点てる事が

楽しくなるようなワークショップです。

 

一般の方、学生の方、男女歓迎です。

 

終日、椅子のワークショップですので、

正座ができなくても大丈夫です。

 

 

ぜひお気軽にご参加ください。

 

第一回 ワークショップの様子

 

 

第二回ワークショップの様子

 

〈内容〉

 

・お茶の歴史、抹茶の話

 

          ↓

 

・自宅でのお茶の点て方

 

          ↓

 

・茶花を入れてみよう

     見立を学ぼう

 

          ↓

 

・ご自身で入れた花を愛でながら、

  お菓子とお茶を一服

 

          ↓

 

※皆さんに入れて頂いた花の作品は

  写真にて美術館に展示頂きます。

 

 


●2/11(土)13時〜15時

sold-out

 

 

●3/5(日)13時〜15時

sold-out

 

※好評につき、4月から

  茨城県笠間市

  海老澤宗香茶道教室にて

  ワークショップを開催致します❗

  参加者募集中❗

 

 

各席: 10名(事前予約優先)


いずれかご都合の良い日時を
お選び頂き御予約ください。

 

料金:一人1000円
お茶の点て方、花代、薄茶+お菓子

 

会場は、板谷波山先生の

映画「Hazan」のロケで

実際に使われた再現工房兼住宅です。



場所:茨城県陶芸美術館
         板谷波山住宅(復元)

 

先行予約受付中
予約:0296-70-0011
         茨城県陶芸美術館

 

 

 

沼尻真一

 

・第79代内閣総理大臣 細川護煕さんを訪ねて/沼尻真一

 

・初の故郷茨城県で茶碗のお披露目/沼尻真一

 

 

・三輪休雪先生 伝統とは何か/沼尻真一

 

 

・自給の茶のありかたを問う・ハーバード大生の茶事から/沼尻真一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


             


 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック