profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 熊本・大分の地震/沼尻真一 | main | 京都平野神社の枝垂れ桜/沼尻真一 >>

多治見めしは、ひつまぶし/沼尻真一


多治見めし「ひつまぶし」 ※ふつう盛

先日、鎌倉の茶席でご一緒した女性から

多治見ってウナギが日本で一番美味しくないですか?

って聞かれ、

伊丹大阪の人の舌にも適うものかと感心した。

「お櫃」のご飯にウナギの蒲焼を「まぶす」

を語源とする説や様々あるようですが、とにかく美味しい。

関東のようにウナギを蒸さずに

そのまま焼くからパリッとした触感になるから旨い。

さらに、ひつまぶしには食べ方があるので、

それも一度で二度三度おいしくなる。

多治見は陶磁器もいいけど、小さな町に

何十軒もある ウナギ屋さんでぜひ一度ご賞味を。

大量に出る肝焼きもおすすめです。

世界的に刀や刃物で有名な岐阜県関市も

同じように、うなぎ屋街で有名です。

陶芸の町と、刀鍛冶の町、二つ共高温の火を

ダイレクトに使う仕事、流した汗を癒すのが

このウナギ食だったと伝えられています。





多治見市のキャラクターはうながっぱ/やなせたかし氏作
※多治見駅前が38℃を超えると、駅前に出没してステッカー
もらえます。

沼尻真一


Index 

 ・沼尻真一の陶棲

・日本の暮らし方
 建築家 山本理顕先生×難波和彦先生×社会学 山本哲士先生


・つくばハーブ農園/沼尻真一

・細川護煕さんの陶芸/沼尻真一












 








































 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック