profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 茶事 ・京都 四時牢落 /沼尻真一 | main | 丙申 歳旦 謹賀新年 / 沼尻真一 >>

炉開き、亥の子餅、口切の茶事、ぜんざい、さんべー沼尻真一

 

11月になると、茶の湯では

「炉開き」が行われます。


江戸時代の記録にもあるように

炬燵開き

炉開きの日が


「亥の月の亥の日」と


決まっていました。



第一亥の日が武家

第二亥の日が町人

ちなみに

2015年平成27年の
第一亥の月亥の日 11月19日  旧暦10月8日 
第二亥の月亥の日  12月1日   旧暦10月20日
 

陰陽五行では、亥は「水性の陰」として

とらえられるため、

火に勝つとされていることから、

 

亥の日の亥(イノシシ)は、
火(火難)を免れるという
信仰が生まれました。

そこから亥の月の亥の日に
火(暖房器具)を使い始めれば、
その冬は火事にならないと
信じられてきました。



亥の重なる亥の日は

「玄猪(げんちょ)」

と呼ばれ、唐の風習が伝り
『古今要覽稿』では、
貞觀(859-877)以前としている。
 
豕(中国では猪は豚のこと)形の
7種の餅を作ったようです。

宮中では平安〜明治三年まで
行われていたようです。

多産である猪(亥)にあやかり、
子孫繁栄を願い

大豆、小豆、大角豆、胡麻、
栗、柿、糖の7種の粉、新米で

『亥の子餅』

を餅を作り食べて祝ったそうです。


摂津能勢の村人達より『亥の子餅』や小豆や
農作物が明治3年まで京の禁裏へ
献上されていたという記録があるそうです。

なぜ摂津能勢村から献上されるのかは、
応神天皇が皇太子の時に、
猪に危難を救われた事が起源との事です。

非常に似た話は、




ちなみに平安時代に書かれた

源氏物語の若紫の段に

『その夜さり、亥の子餅参らせたり
 かかる御思いのほどなれば 
  ことことしき さまにあらで
  こなたばかりに をかしげなる
  檜破籠などばかりを』

訳:その夜のこと、(館のものが)
亥の子餅を御前に差し上げた。
このような(葵の上の)喪中の
ことであるから儀式ばらず、
こちら(紫の上)だけに
美しい檜破籠(ひわりご)に入れられて)。

つまり平安時代は結婚するものは、
三日間女性の下へ通い

三日目に、三日夜餅みかよのもちい
といい紅白の餅を用いるるのが
慣わしであったが、葵の上の喪中でもあり
光源氏が亥の子餅を
紫の上に贈ったと書かれています。

下賜される亥の子餅は身分により異なる紙

(大高檀紙・小高檀紙・杉原紙)で包んで、

小さな角型の折敷にのせ、水引で結ぶ。

(『禁中近代年中行事』は引合紙・
大奉書・杉原紙)。


包みの中には、

一の亥は菊としのぶ、

ニの亥は紅葉としのぶ、

三の亥は鴨脚イチョウとしのぶを入れる。

また、鴨脚の葉に下賜する人の名を書いて、
包み紙に差し挟む。

餅の色は三色、 

公卿は黒白品々、

殿上人は赤、

五位殿上人以下は白、

子供は赤、

地下は白、

禁中の女性の上臈は黒、中臈は赤、
下臈は白である。

黒は黒胡麻で和える、
赤は小豆の汁で色を付けるとあります。

以後鎌倉〜江戸幕府まで
それぞれ形を変えながら
続けられていきました。

茶人は

仁清の「玄猪包香合」や

裏千家八代家元一燈の「臼水指」

などが知られています。

現在では、猪を祀る京都 護王神社で、
11月1日午後5時より
亥子祭(いのこさい)が斎行されています。

亥子祭は、平安時代の宮中で行われていた
年中行事「御玄」を再現し、
「亥の子餅」をつくり振舞われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「亥の子餅」の説明だけでも
かなりの時間を要しましたが、

茶の湯をする人にとって

最も重要なのは、

なぜ

「開炉の時期」に
「茶人の正月」と言われているのか?

なぜ「口切」なのか?

なぜ「善哉」が振舞われるか?

なぜ「三部」が目出度いのか?

が疑問ではないでしょうか?


この疑問に迫ってみたいと思います。


 

⬛なぜ「開炉の時期」に

   「茶人の正月」と言われているのか?

 

古代中国の周暦が旧暦11月を

冬至を含む、子の月として、

そこを正月にしたからと言われています。

64卦で、亥の月はつまり年末のような

イメージで太陰となり陰が極まり、

冬至を持って、子の月が正月となり、

初めて 陽の卦が一つ入ってきます。

つまり


これこそが一つの陽の卦が復活してきたという

 

事で

 

 

 

「一陽来復」

 

 

 

という言葉になります。


故に11月の開炉の時期を指して、

「茶人の正月」

 

と言われていますが、

太陰から陽の気が復活しためでたい

めでたい

11月ですから、茶人だけでなく

 

「国民の正月」

 

でも良いぐらいですね。 

 

だから11月は元気にめでたく行きましょう!

 



⬛「口切」ですが


宇治茶の茶摘が5月初旬として、

 

そこから半年間
まず抹茶の製造過程からすれば、


蒸して、乾かして、荒茶となり、


茎や不要な部分を取り除いて、
石臼で挽く段階まで来た

お茶の名として碾茶となり、


この碾茶の状態で、

茶壷などに入れられ半年間
冷暗所に寝かせ熟成させたものを、


開炉の正月祝いに合わせた

「新抹茶」として
お披露目されるということです。


「口切の茶事」と一言われますが、

床に荘れる名物の壷があり、
そして茶室内の畳や障子
露地の四つ目垣など

すべての物を新調して

黒紋付五つ紋で臨むべき

最高に格の高い茶事なのです。



ゆえに50年も60年も茶の湯を

 

している方々でも、

 

 

人生に一度あるかないかの

茶事となります。

 

 

 

もう一つ大切なことは、

 

夏口切もあるぐらいですから、

 

開炉と口切はまったく

 

 

関連していない、

 

 

 

という事です。

  

また実際には、

 

石臼で人数分の濃茶、まして薄茶の

 

量をひくのは、かなりの忍耐と

 

ロマンが必要です。

 

 

 



⬛なぜ先生が善哉を振る舞われるのか?

また良く、善哉が開炉の時期に
社中の先生に
振舞われたりしますが、

これも先の宮中行事の
亥の子餅が下賜される意味と、
まったく同じです!

亥の月日が
陰であるのに対して、
小豆 陽のものを
頂き、陰陽の和合を図っている
という事です。







⬛ベベべの三べに意味あります?

織部、伊部、瓢ふくべ =三べはめでたい?
に関して、

美濃だから織部はありがたいのですが、

お茶では大変に良く聞く 


べべべのさんべでですが、



茶人の洒落た言葉遊びです!




茶の湯 口切 さんべ 等検索すると、

時代劇や呪術の
ような言葉がネットで

飛びかって
いますが、

先達の方々が行ってきた

 

ちゃんと意味がわかれば

 

ネットで多用されてる抽象的な言葉、

茶の風習や仕来り、慣わし?なんて言葉は

まったくいりません。


それは、なぜかという理由が茶には


必ずありますよ❗


呪いもありませんから大丈夫です!

茶の湯の先生方も魔法使いでは

ないですし、

 

冬至にかぼちゃ南瓜を食べるように。


「ん」のつくものを食べると

「運」が呼びこめるといわれています。


「なんきんーかぼちゃ」「れんこん」「にんじん」「ぎんなん」
「きんかん」「かんてん」「うんどん(うどん)」を
冬至の七種(ななくさ)と言う「ん」のつくものを
「運盛り」といい、縁起をかついでいたのと
同じ発想です。

なので、

ベベベの呪縛から

自由に解き放れて

自分なりの楽しい言葉遊びを

創ってお茶を楽しみましょう!


言葉にしても、物にしても
やり方にしても、

古いものをなぞってばかりでなく

それを基として、


じゃ 自分だったらどうしようと


創作してみる。



それが高価な唐物から、

身近な竹を用いた利休大居士の

茶の湯の本質を知るきっかけになるかも

知れませんね。




あなたが利休様だったら

どうしますか?

という恩師の言葉が忘れられません。



沼尻真一



















徒然草21段 吉田兼好作/バカの壁 養老孟司/沼尻真一




































 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/08/06 7:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック