profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 大覚寺 広沢の池 観月の夕べ 嵯峨天皇・大納言公任/沼尻真一  | main | 茶道文化検定と茶の湯のちがい/沼尻真一 >>

茶の湯のカネ割りー「易経」「南方録」/沼尻真一

 
千利休大居士は一人になって道具を置き合わせられたという。
終生このカネ割りを疎かにしなかったのであると、
弟子の南坊宗啓は「南方録」に伝えている。
 
カネ割とは一定の長さを等分割して生じる分割線
そのものをさして言う。

台子なら天板と地板の横の長さ、畳なら短辺の
内両畳縁をのぞいた、残りの部分の長さを
等分割して生じた分割線のことである。

「易経」には茶事を行う場ー茶室はもともと
天地陰陽を和合した空間、即ち一つの
小宇宙として創られた場に座して、
主客ともに「仙薬」の茶を喫する事は
まさに「天地人合一」なのである。
宇宙と人事の変化を相対する陰・陽
の消長によって示されている。

 
「易経」に示している宇宙大自然の最高の
理想の境涯は天と地の和の中に人がいることである。
天地の和とは、即ち陰陽の調和のことである。

なぜ、茶室の台子や畳目にまで三陽四陰の
七つカネや五陽六陰の十一カネなど道具を細部に
置かれる場所まで、決められてきた歴史が
あるのかと思う時に、私は茶室が小宇宙空間
としての法則の場であるという事を踏まえ
考えてみた。

地球の公転軌道面である黄道面に月の公転
軌道面は5.1度傾いて軌道し、それが月の位相や
地球の潮汐が、太陽と月の相対的な位置関係に
よって変化していること。

また水、金、地、火、木、土、天、海、明の太陽系の
八つの惑星が同じ平面を同じ方向に公転している
という宇宙の原理とまったく同じ理念を、
茶室の中に具現化し、茶の湯を行う者に
まさに現世において万物が呼応しながら昇華されている様を、
生きながらにして曼荼羅の世界を体験させるべく
創られた法なのではないかと考えている。

してこれら道具の置き合わせの位置などは、
あくまで我々の「降魔成道」のプロローグに過ぎず、
究極のカネ割りとは、心のカネであり、
己自身の強さや弱さに真摯に向き合う姿、
また新たな明日へと挑もうおうとする姿にこそ
実は真のカネ割りの姿があるのだと私は考えている。
 
沼尻真一























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック