profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 京都・五山の送り火/からけし、けし炭 − 沼尻真一 | main | 京都 嵐山・渡月橋 − 沼尻真一 >>

権中納言 藤原定家卿 御命日 小倉百人一首 奉歌/京都嵯峨 二尊院 ー 沼尻真一

 

京都 嵯峨 小倉山の中腹にある 

 

二尊院様に

 

藤原定家卿の命日 8月19日に

 

暗譜した小倉百人一首を

 

巻紙約10メートルに書きしたため、

 

京都での三年間の茶道修行及び

 

寮生活の満了の感謝と、

 

己の締めくくりとして

 

納経でなく、納歌させて頂きました。

 

 

三年間過ごした

男子寮の廊下が長くて良かった。

 

 

 

 

巻き紙をまとめて。

いざ二尊院様へ‼出発
参道
納経所
西行法師庵跡
さらに奥へ
定家卿が百人一首を
選定した場所として
定家卿 庵の跡
京都が一望できる小倉山の中腹に
あります。
後に、ご住職様から手紙を
頂きまして。
慰労の言葉と、節分祭にて
お焚き上げ頂けるとの事。
本当にありがたいです。
京都で小倉百人一首を深く
究め学べた事は、自分にとり
大変意義深い事でした。
奈良、吉野にも足を伸ばしたり
ふるさと筑波山を想ったり。
これで、裏千家学園卒業の春が
無事に来そうな予感がしました。
そして101首目は
夏に亡くなった親友へ
いま自分ができる供養として
御霊へ奉歌いたしました。
         

行く雲も  過ごしてみれば

 

しのばれむ


光となりや
              

窓の蛍は

 

 

― 友に捧ぐ

 

 

感謝
沼尻真一

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック