profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 「松風隔世塵 」− 無限斎碩叟筆 | main | 一客一亭 − 沼尻真一 >>

大雲山龍安寺・水戸光圀公「吾唯足知」つくばい − 沼尻真一




「時ならぬ さくらが枝に ふる雪は 花を遅しと 誘ひきぬらん」



img_03123.JPG


安土・桃山時代、1588年豊臣秀吉は蒲生氏郷や

前田利家らを連れ龍安寺で和歌の会を催しました。



大雲山龍安寺


徳大寺家の別荘を、宝徳2年(1450年)官領 細川勝元が

譲り受けて寺地とし、妙心寺の義天玄承を開山として創建されたものである。


方丈の前庭は枯山水の石庭として著名で、臨済宗妙心寺派に属し、

大雲山と号する。本尊は釈迦如来。





img_03055.JPG


水戸光圀公の寄進した銭形のつくばい(非公開)


中心の口を共用し

「吾唯足知」となり禅の格言を図案化した無言の悟道である。


観光客には、レプリカの公開しかされていないが、

本物を見る機会を頂いた。


郷里茨城の先達の士の恩恵を受けることができたと同時に、

本物の写真を茨城県人として紹介できてよかったと思う。








img_03102.JPG


img_03082.JPG


茶室蔵六庵(非公開)


江戸初期の茶人不遠庵僖首座 (きしゅそ)の好みのままに、

水屋の掛け窓からの灯りとりが珍しい。

四畳一間の中板敷。 

蔵六とは亀の別名で、甲羅の中に頭、尾、四肢の六つを隠すことから。



僖首座(きしゅそ)

1616−1696 江戸時代前期の僧,茶人。

元和(げんな)2年生まれ。臨済宗(りんざいしゅう)京都竜安寺の

塔頭(たっちゅう)大珠院の住職。千宗旦(そうたん)の門人で,

茶杓(ちゃしゃく)の製作で知られた。

元禄(げんろく)9年1月9日死去。81歳。法名は紹偉(じょうい)。号は不遠庵。




img_03036.JPG


日本最古の侘助椿



沼尻真一INDEX


 ・沼尻真一の茶道や茶の湯に関する記事

https://profile.ameba.jp/ameba/chazenichimi



◆いばらきシェフズダイレクトツアー・
  ミシュラン星のシェフ達と茨城農生産地をバスツアー/沼尻真一



◆京都 祇園祭りに参加して/沼尻真一


◆ハレとケ 柳田圀男/ハレと欠け 沼尻真一


◆桂離宮を知る/沼尻真一


◆The Old Rose Advocate 2013  -  つくばハーブ農園 / オールドローズの栽培



◆第19回 美濃陶芸 庄六賞茶碗展 最高賞 「庄六賞」 受賞・沼尻真一



◆100年後のつくばを世界遺産にする!/沼尻真一


 ◆実は「暦が救う日本の暮らし!」
 東京大学名誉教授・フジテレビ 顧問 山内昌之先生、
 三味線演奏家・作曲家 本條秀太郎先生/沼尻真一



































 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック