profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 「衆人愛敬」祖父と祖母を忘れない − 沼尻真一 | main | 「松風隔世塵 」− 無限斎碩叟筆 >>

いざ、さらば − 沼尻



軸  玄々斎 「輝雲」

掛け花入 藤原雄作

茶碗 十五代 樂 吉左衞門 「貫道」

茶杓 坐忘斎家元作 「霞」

一客一亭也


ひさかたの 光のどけき 春の日に

しづ心なく 花の散るらむ
 
われ 門に出て 門に入らむ


















コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック