profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 川端康成 「日本のふるさと」 / 都の系譜 沼尻真一 | main | 徒然草92段 吉田兼好作/蝶のように舞い 蜂のように刺す モハメド・アリ/沼尻真一 >>

千利休の花押、けら判 / 沼尻真一

けら判をよく覚えておくとよいと、利休の
本物の花押を見せていただいた。
確かに子供の頃にたまに捕まえては
珍しくて喜んだ、螻蛄(おけら)にも、
伊勢海老にも似ていて
どちらにしても特徴のある花押。
また利休の字はとても穏やかな丸みのある書で、
歴史から感じる利休のイメージとは違った
おおらかなものだった。

本物に触れさせて頂く機会に感謝の一日。
沼尻真一















 












 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック