profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 徒然草189段 吉田兼好 / ボケて寝ている犬 沼尻真一 | main | 佐渡島 「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」 風姿花伝・世阿弥 / 沼尻真一 >>

徒然草44段 吉田兼好/ 田の鏡 沼尻真一

 [古文] 44段

あやしの竹の編戸の内より、いと若き男の、月影に色あひさだかならねど、
つややかなる狩衣(かりぎぬ)に濃き指貫(さしぬき)、
いとゆゑづきたるさまにて、ささやかなる童ひとりを具して、
遥かなる田の中の細道を、稲葉の露にそぼちつつ分け行くほど、
笛をえならず吹きすさびたる、あはれと聞き知るべき人もあらじと思ふに、
行かん方知らまほしくて、見送りつつ行けば、笛を吹き止みて、
山のきはに惣門(そうもん)のある内に入りぬ。


榻(しじ)に立てたる車の見ゆるも、都よりは目止まる心地して、
下人(しもうど)に問へば、「しかしかの宮のおはします比にて、
御仏事など候ふにや」と言ふ。


御堂(みどう)の方に法師ども参りたり。
夜寒の風に誘はれくるそらだきものの匂ひも、身に沁む心地す。
寝殿より御堂の廊に通ふ女房の追風用意(おいかぜようい)など、
人目もなき山里ともいはず、心遣ひしたり。


心のままに茂れる秋の野らは、置き余る露に埋もれて、
虫の音かごとがましく、遣水(やりみず)の音のどやかなり。
都の空よりは雲の往来も速き心地して、月の晴れ曇る事定め難し。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

田植えを終わった初夏。

まだ早苗の頃

田の鏡に映る月は美しかった。


その頃はまだ、和服を着た祖母の兄が

荷台の大きな黒い自転車に乗って

よく祖母の所に遊びに来ていた。

農作業をしてきた後だからというので、

それでも一風呂浴びてさっぱりしてきているのに

座布団ではなく、新聞紙を広げて座敷にすわり

熱燗の日本酒をうまそうに飲んでいた。


真っ赤になってふらふらと

メッキのかかった大きな自転車ライトを

ギコギコタイヤのチューブを響かせながら、

それでも頼りない灯りを

点しながら田の鏡の中を、帰って行った。


街が明るくなれば、もうそのような小さな灯も

いとおしくは思えない。


沼尻真一




































 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック