profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 徒然草32段 吉田兼好作/ 空薫 沼尻真一 | main | 茶碗 志野 「大雄峰(だいゆうほう)」  銘々:鵬雲斎大宗匠 作:荒川豊蔵先生  /  沼尻真一 >>

徒然草184段 吉田兼好/ぽっぽや 鉄道員 曲:坂本龍一/沼尻真一

 [古文] 184段

相模守時頼(さがみのかみときより)の母は、松下禅尼(まつしたのぜんに)とぞ申しける。
守を入れ申さるる事ありけるに、煤け(すすけ)たる明り障子の破ればかりを、禅尼、
手づから、小刀して切り廻しつつ張られければ、兄の城介義景(じょうのすけよしかげ)、
その日のけいめいして候ひけるが、「給はりて、某男(なにがしおのこ)に張らせ候はん。

さようの事に心得たる者に候ふ」と申されければ
、「その男、尼が細工によも勝り侍らじ」とて、
なほ、一間(ひとま)づつ張られけるを、義景、「皆を張り替へ候はんは、
遥かにたやすく候ふべし。

斑ら(まだら)に候ふも見苦しくや」と重ねて申されければ、
「尼も、後は、さはさはと張り替へんと思へども、今日ばかりは、わざとかくてあるべきなり。

物は破れたる所ばかりを修理して用ゐる事ぞと、若き人に見習はせて、
心づけんためなり」と申されける、いと有難かりけり。

世を治むる道、倹約を本とす。女性なれども、聖人の心に通へり。
天下を保つほどの人を子にて持たれける、まことに、ただ人にはあらざりけるとぞ。

------------------------------------------------------------------------

若き人に見習わせるために、あえてこのようにしておくなどという

発想は、今の世で老若男女あまり耳にしたことがない。

男性にしても女性にしても、老若男女

このような人と知己を得たいものである。


これは心持ちからして、すでに意識が違っている。

仮に自分が取り組んでいる事を「若き人に見習わせるために」という

意識や発想になったときには、まったく次元の違う世界に入る

ことになるだろう。


師匠から「若い人にはこうやって教えろ」と言われた一言は、

自分がすでに出来ているのか

出来てなくてもいいから、こんな感じなのかはわからないが、

それも一つの口伝である。

5年後10年後を考えると、夏場のクソ暑いときには

汗が目にしみて「クソじじい」と

思ったことも多々あるが、それもこれも

まるでセピア色の幻想に感じる時がくるだろう。


今日電話で話して

師匠からしてもらったことを、自分がまた次に伝えて

はじめて一人前であり、やっと恩返しができた時だと思う。



沼尻真一




























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック