profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< F.Chopin:Nocturne No.1 in B flat-minor, Op.9-1 ◆Harmonic Inspiration | main | 徒然草32段 吉田兼好作/ 空薫 沼尻真一 >>

徒然草157段 吉田兼好作/蓮は泥より出でて泥に染まらず 周敦頤/沼尻真一

 [古文] 157段

筆を取れば物書かれ、楽器を取れば音を立てんと思ふ。
盃を取れば酒を思ひ、賽を取れば攤(だ)打たん事を思ふ。
心は、必ず、事に触れて来る。仮にも、不善の戯れをなすべからず。

あからさまに聖教の一句を見れば、何となく、前後の文も見ゆ。
卒爾(そつじ)にして多年の非を改むる事もあり。
仮に、今、この文を披げ(ひろげ)ざらましかば、この事を知らんや。
これ則ち、触るる所の益なり。
心更に起らずとも、仏前にありて、数珠を取り、経を取らば、
怠るうちにも善業自ら修せられ、散乱の心ながらも縄床に座せば、
覚えずして禅定成るべし。

事・理もとより二つならず。外相もし背かざれば、内証必ず熟す。
強いて不信を言ふべからず。仰ぎてこれを尊むべし。

--------------------------------------------------------------------

事に触れることによって、たまたま起こるご利益というものが

詠まれている。

ご利益とは神社に願い事をしたものを人知れず

根回しして、神様が与えてくれるものだけではなく、

自らが物やコト、あるいは環境を選択することによって

生まれる「セルフご利益」もあると説かれている。


なるほど人間は場に立ち会えば、おのずとその関連する

思想にふけるものだし

カッコから入ってたとしても、様になってくることさえもある。

つまり相当に人間は環境に対する順応性を持っている

ということだろう。

畳の上で正座をすれば、おのずと背筋が伸びるのも

そのせいだろうし、仏壇に手を合わせてみれば

ふっと気が落ち着く。

いただきますも、ありがとうも、手を合わせているうちに、

本当にありがたくなってくるのもそのせいだろう。


泥に咲く蓮の花が、もし泥の中だからと

自分を嘆いて腐っていれば

あんなに素晴らしい華を咲かせる事はないだろう。



「蓮は泥より出でて泥に染まらず」

周敦頤




池に育てた蓮は毎年お盆にちゃんと咲いてくれる。























コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック