profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 「ハレとケ」遠野物語:日本民族学の祖 柳田國男 / 沼尻真一 | main | She turned off the lights so she could enjoy the moonlight. >>

施釉陶器の歴史 − 沼尻真一


施釉陶器の歴史


瀬戸・美濃は中世窯業における中心地の一つであり、
中世で唯一、施釉陶器を生産した窯として特筆される。
瀬戸における陶器生産の始まりについては、
猿投窯や山茶碗窯を基礎にして12世紀に確立したと考えられている。

瀬戸ではそれまでの灰釉に加え、鉄釉や褐釉を用い、
印花文・劃花文・貼花文などの装飾技法を駆使しながら、
北宋から元・明にかけての青磁(龍泉窯系)と白磁・青白磁(景徳鎮窯系)を
中心とした中国陶磁の写しを盛んに行った。

瀬戸窯の製品は、日常生活用具から仏器まで多彩であり、
四耳壺・瓶子・水注などの

高級器皿も13世紀以降焼かれ、
輸入中国陶磁とともに富裕階級の需要に応えた。

また、鎌倉時代後期から室町時代にかけての「茶の湯」の勃興と
その唐物趣味を背景に、

14世紀からは中国陶磁写しの天目茶碗や茶入などの茶陶も
つくられるようになった。

15世紀になると、瀬戸系施釉陶器の生産の中心は岐阜県の
東美濃に移った。
 
-------------------------------------------------------
 
やきもの好きな人でも分かりづらい部分に釉薬がある。

九谷、有田、唐津、備前、常滑などなど日本の窯業産地を歩いてみると
美濃がいかに「釉薬」が発達している場所なのかという事を実感する。

それは上記の通り、美濃が中世で唯一の施釉陶器を生産した地で
あったという歴史的背景が理由である。

現代では、日本中どこにいても、どこの土でも釉薬でも
市販のものは手に入れられる時代だから、
今や笠間に行っても黄瀬戸があったりして、どこの産地にいっても
施釉陶磁器が売っているので、どこが特別な場所なのかなんて
分かりにくいのは当然だと思う。

しかし、瀬戸や美濃は本当によく釉薬研究が進んでいる場所なのである。
それは日本一の釉薬の知識を持った指導者がちゃんといる点からも
それがこの美濃の陶磁器の歴史そのものなのだと思う。

どこの産地にいっても、織部、黄瀬戸、志野、瀬戸黒など
4つも代表的な陶磁器を持っている産地なんて
確かに日本中どこにもない。

それが上絵ではなく、釉薬をコントロールして産み出すという
難易度に挑んできた歴史がすばらしい。
故に、薪窯から重油、灯油、ガス、電気、マイクロ波窯と
美濃には全ての窯があるのだ。
薪から灰被りだけが目的ではなく、
あくまで自分の作りたいイメージをどの手段で、つまりどの窯を
操作して、釉薬を完全にコントロールしてそこにたどり着くのかを
良しとしていると思う。

だから作品としての結果が全てであり、
なんでもかんでも灰被りの薪窯がいいんだ、なんて
考えていないのが美濃焼きルネッサンスなんだろう。
 



産地のルーツに根ざした表現があるやきものだからこそ、
窯元めぐりや産地めぐりをしてくれるファンがいるのだから
その産地だからこその表現がなくてはならないのだと思う。
 
自分が使っていたお茶碗の記憶は誰にでもあると思うが、
中学生になったら祖父が石川県に出張に行った際に
お土産で買ってきた九谷焼きの茶碗がいきなり
自分の茶碗になった。

それまでは笠間や益子あたりの地味で素朴な自分の茶碗が、
一気に絢爛豪華な茶碗になった。
 
いったいこんな豪華な茶碗をつくるような石川県という
場所はどんな所なのだろうと、中学生の頃から
思いを馳せていた。
 
芸事を重んじた、加賀百万石の城下町に、
九谷焼きの雅な上絵が生まれるにふさわしい雰囲気が
石川金沢にはちゃんとある。











JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
















 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック