profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 茶道 武者小路千家 千宗屋氏と美濃焼へうげもの茶碗/茶道・現代アート・茶碗 − 沼尻真一 | main | 「ヴァージニア」 コッポラの終焉 >>

青磁求道者の守破離 − 陶芸 若尾誠先生 粉青瓷 /陶棲 沼尻真一

 
 
日本における青磁への取り組みは、第二次大戦後にはじまった。
北宋汝窯の青瓷、南宋官窯の青瓷、南宋龍泉窯の青瓷と
指標はさまざまだが、特にその表現が難しく
究極の青瓷と言われるのが、皇帝のためにつくられた
南宋官窯青瓷、修内司、郊檀下の官窯と言われている。


宮内庁所蔵 若尾誠先生 粉青瓷

特に1950年代以降に宋代の青瓷に挑みながら、
独自の青瓷をつくったのは、加藤唐九郎氏の長男
岡部嶺男氏であることはやきものの世界では有名だ。
中国で粉青と呼ばれる青瓷釉を再現し「嶺男青瓷」とまで
よばれる独自の青瓷の世界を展開した。
 
若尾誠先生は美濃焼きの代々の窯元の家に生まれ、
身近な環境で「嶺男青瓷」を見たことで
青瓷の研究制作に取り組まれるきっかけになったとお聞きした。
若尾利貞先生に師事した後は
中国の南宋官窯、龍泉窯の視察
台湾故宮博物院視察などを経て
現在の若尾先生独自の粉青瓷が完成している。






青瓷はなにより釉層が厚いという事を知っていたが
若尾先生に、ロクロ引きし成形した素地から
釉薬が掛かり焼成後の重さを比較させてもらったが
驚くほどの重さの違いが出る。




つまり、いかに素地を薄くつくり釉薬掛けに持って
行くのかが大事なポイントである。
それと同時に、釉層のコントロールも
素地が薄ければ、一度に大量に付着しないため
釉薬を重ねがけする難しさも教えてくれた。
 
また釉層が厚ければ、それだけ
釉薬の流れのコントロールが難しくなる。
特に、若尾誠先生の粉青瓷は赤土で作られているために
難易度はさらにあがる。
それは赤土は耐火性が低いこと、つまり焼成のゆがみが
出やすいこと、そして赤土が釉薬と反応することで
白系の土よりも釉薬の融点が下がる傾向にあること。




自分も粉引をしているので、先生ほどではないが
赤土の難しさをわずかながら体験している。
 
不純物を多く含んだ赤土は、鉄粉や様々な金属やガスが
焼成中あるいは釉薬の上に飛び出してくることで
ピンホール、釉のげ、釉めくれなど
ありとあらゆる問題が焼成とともに噴出してくる。
それをいかに焼成前に計算しつくっていかなければ
ならないかを説明していただいた。

青瓷はつまり、釉層、素地の成形など
焼成前の段階の計算されたコントロールが大方の
鍵をにぎっているといえる。
特にこのような中国陶を指標とするやきものの中でも
薄くしなやかな破綻のない精度が求められる
青瓷は、完品をつくるのが本当に難しいと思う。
 
若尾先生も言っていたが、一つ一つの作品を管理しながら
進めなくてはいけないので、一度に大量に作ることは
まずできないこと、一窯焼いてもそれが全て駄目になることもあるという。
これを磁器土で行えば
赤土の問題の多くがクリアされるが、
それでは色の深みや柔らかさ、そして何よりエッジの黒くしまった
優雅なラインがなくなってしまう。
故に若尾先生は赤土の土づくりから、制作が始まっていた。




約800年前の官窯青瓷の陶片を先生に見せていただいた。
茶碗ぐらいの大きさのものだろうが、素地は1mmぐらいしか
ない、まさに紙のような青瓷だった。
そして素地1mmに対して釉薬が3mmも4mmもある。



・約800年前の南宋官窯の青瓷陶片


また別の青瓷は口縁部分の丸みを
素地を直角にして置くことで、その上に釉薬をのせ
釉薬の厚みによって丸くつくられていた。




若尾誠先生のように陶のルーツを求め行動し、
自分のオリジナルの造形を作られていく
守破離とは青瓷を志す者にとっての定石なのだろう。









JUGEMテーマ:アート・デザイン


















 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック