profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 白磁と韓国茶道と− 書藝家 康法善氏(圓光大学校教授) | main | 反原発と日本の闇社会 − 被爆国の自爆は日本国民の恥 >>

第19回美濃陶芸庄六賞茶碗展 人間国宝 加藤孝造先生の書でデザインを創る −   沼尻真一


公益社団法人活動の一環として、本年から一般公募展となる
美濃陶芸協会主催の
第19回美濃陶芸庄六賞茶碗展のパンフレットデザインを、ロクロの師でもある
加藤三英先生、大物ロクロの師でもある酒井博司先生から依頼を頂いた。

 
「グラフィックデザインと陶磁器」

 
それは郷里茨城に縁のある白州正子氏の師匠でもある
美術評論家でもある青山二郎氏が陶磁器の本歌取りした
装丁家であったように
自分の中でもいつかは手がけてみたい仕事の一つでした。
一見関連性のないグラフィックと陶芸ですが、
実際陶磁器を作ってみれば
最後は僕のなかでは、2次元と3次元という隔たりではなく、
日本人の見立ての中では、あるアングル瞬間瞬間を切り取って
その美を見立てているように思います。

例えば抹茶茶碗の高台の削りにしても
見込みにしても、縁作りにしても、全体という絵と
あるアングルからの絵というように、結局それは「絵」なんだろうと
つまり村上隆さん流にいえば、スーパーフラットなんだろうと
感じています。
 
だから僕にとってこの2つは絵です。
つまり掛け軸の絵とも同じです。
 
その機会を、日本の焼き物の聖地であり
荒川豊蔵先生や加藤幸兵衛先生など
数々の人間国宝を生み出してきた
美濃陶芸協会という歴史と伝統ある組織から依頼を頂けた事は
人生の中のとても光栄な事です。
 
また今までの美濃陶芸協会の歴史の中で
初めてデザイナーに依頼するという事で
瀬戸黒の抹茶茶碗で人間国宝の加藤孝造先生に、
「美濃陶芸茶碗展」という書をしたためて頂くことができました。
感激です。




 
織田信長、豊臣秀吉という戦国茶人の
安土桃山時代からこの美濃で焼かれてきた瀬戸黒は
他の志野や織部、黄瀬戸などの陶磁器では食器も作っておりましたが、
瀬戸黒は抹茶茶碗しか作っていないという歴史があります。
瀬戸黒の黒はどんな釉薬を駆使しても
あの引き出し黒のような深みは出ないものです。
 
安土桃山時代に、千利休が当時瓦職人だった長次郎に
唐物主義ではなく、国ものとして黒楽茶碗を作らせたのは
有名な話ですが、
 

 
 
 
 
千利休が黄瀬戸の花入れや建水を持っていたとういう背景から
すれば、瀬戸黒を写して黒楽茶碗ができたとも考えられています。
 
素直に見れば、瀬戸黒を写して、瓦焼きの軟陶で焼けば、
黒楽ができると、やきものをやっている人は誰でも想像がつくでしょう。
 
それは当時の美濃で瓦をやくような低火度の技術は難しくありません。
しかし、美濃から楽焼きが作られたり、出土しないところを見ると、
瀬戸黒がやはり先に存在していたのだろうと思います。
 
やきものをやれば、より難しいほうに挑戦していくというのが
陶工の性ですね。


抹茶茶碗の聖地「美濃」と千家の茶道があいまみれないのも、
戦国武将と共に、瀬戸黒をつくり、織部黒そして
へうげものを生み出してきたという、美濃の陶工の
「茶碗は茶人がを見立てるもの」という
「草」の誇りがあるのだと僕は見立てています。

 
美濃の抹茶茶碗の歴史はこの現代まで、
美濃陶芸協会の様々なすばらしい陶芸家の先生方へと
連綿と続くのですが、
このようなルーツを踏まえ、
その「奥行き、不足の美、そして華」を
表現することをテーマにしました。
 
グラフィックデザインというと絵ばかりつくると思っている人が
圧倒的に多数だと思うのですが、実際は文字をどのように
美しくしていくかが一番重要です。
 
タイポグラフィ、フォント どのような文字を使うか作るか
あるいは手書きの書をどのように、美しくしていくのかに
一番時間と気をかけます。
 
特に英字は、子供がやっても勝手に入れれば
一般の人にはなんかお洒落に見えますが、
日本語や手書きの書は一番はずし易いというか、
凛とした和の文化の収まり所のイメージを
きちんと持っていないといけないと言う事と、
それだけ手書きの文字にエネルギーがあるので、
作り手もまたそのビジュアルも、強固に受けて立たないと
品の調和が生まれないものだと感じています。



・第19回美濃陶芸庄六賞茶碗展デザイン


ナチスドイツの歴史から生まれた、
グラフィックデザインの素であるプロパガンダ
それは先の茨城県知事選挙
プロパガンダとグラフィックが達成できたし、
 
今回このやきものの聖地美濃で
青山二郎氏の陶磁器とグラフィックが達成できたという事は
僕のグラフィックデザインという活動の中では、
かなり終盤なんだろうと感じています。

なぜ黒と黄色かって
その心は、本歌取りということで。


※「庄六賞」は、陶料のヤマカ株式会社(多治見市)の加藤智子社長が、
亡義父加藤庄六氏(多治見市名誉市民、多治見商工会議所名誉会頭)の遺志を継ぎ、
社団法人美濃陶芸協会に寄贈された育成基金によって設けられた賞です。
この庄六賞は、美濃陶芸協会会員の茶陶作品に与えられます。
厳正な審査の結果、「庄六賞」1点と、金賞、銀賞、銅賞の各賞が選定され、
「庄六賞」受賞作品は岐阜県陶磁資料館に永年保存されます。








グラフィックデザインの師
http://k-direction.jp/

































コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック