profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 時代 | main | 第19回美濃陶芸庄六賞茶碗展 人間国宝 加藤孝造先生の書でデザインを創る −   沼尻真一 >>

白磁と韓国茶道と− 書藝家 康法善氏(圓光大学校教授)

 
白磁と韓国茶道と 書藝家 康法善氏(圓光大学校教授)


白と白

「素色(そしょく)」という韓国特有の色名は、
色を染めていない素地のままの色を指す。

朝鮮民族は古代より数千年の歴史を
両班も庶民も大人も子どもも白衣で通してきている。




陰陽五行説思想が中国から伝わり、
民族独自の色彩精神や、何色にも染まらない民族の
独立精神を象徴しているとも言われている。

桃山の茶人は磁器に対しての憧憬から生まれた粉引の白に
大正には柳宗悦、浅川伯教、浅川巧により白磁の白に
日本人は自分の中の白を
白いやきものの中に映してきた。


沼尻真一



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック