profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 抹茶茶碗 2 − 沼尻真一の陶棲 | main | 穴窯焼成 − 美濃の陶棲 沼尻真一 >>

ライフスタイルショップのはかなさ

 
もう30年も前からビームスがセレクトした商品を売っていたので

ライフスタイルショップという店が新しさを感じないのはそのためだろう。

今となっては、ホームセンターの方がよほど自分には役にたっている事もあり、

単に人の作ったものを、かき集めて編集して、

ライフスタイルショップを作るという時代はもう終わっているように感じる。


それは、ものをかき集めるというディレクションが入る事で、

つくり手と買い手の障害になる要素の方が多いと思うのと

集めて売るという簡単な素人ファッション的な職業感が

それがその人間の「一生の仕事」とという感じがしないからだ。

やはり明日からでも誰もがたやすくできる軽薄な事柄は

肩書きや名刺にどうあっても、

何年続けても価値が生まれないという事なのだろう。


大切にしたいものは、作っている人間から直接金を払って買う、

そしてものづくりの現場と背後を知り、互いを知り、

そしてリンクするまたはしないという選択をする。

やはりこれに勝る買い手つまり使い手としての活動は存在しない。


※祖父が亡くなった時に、まっさきに華をあげて頂いた
  ビームスの設楽社長、今井館長の温かさはいまでも忘れることはできない。
  日本のセレクトショップの元祖ビームスは今あんな大きな会社になっても
  実はそんな温かい家族です。
 













JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック