profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 六本木アノニマス | main | The Old Rose Advocate 2012  -  つくばハーブ農園 / オールドローズの栽培 >>

成城にて「梶みゆき先生のオールドローズのワークショップ」開催



薔薇をといっても、1867年以降のモダンローズが
誰もが知っている花屋に並んでいる薔薇であり、
それが薔薇のイメージがあると思う。

ただカオンのように、精油や香料に使う薔薇の場合は
モダンローズではなく、R. damascena 原種の薔薇を
原料として用いる。

いち早くこれらの原種の薔薇、つまりオールドローズの美しさを
日本に広め、そしてモダンローズの薔薇育種家たちがハウス内での
農薬による危険を冒しながら栽培し、花屋に美しい薔薇を出荷したり
あるいは品評会で一等賞をとっているような何か矛盾を感じる
現状を見ながら、梶先生は「無農薬で原種の薔薇を育てたい」という
素直な意識が働いて、今日の無農薬栽培でオールドローズを
育てるという方法を確立されたと、初めてお会いした昔に
お聞きした。

日本でたくさん誤解されている認識があると思うが、
薔薇もその主要なものだと思います。

薔薇はメルヘンな女性のものだという意識や
薔薇の香りの感覚というものが、どうやら高度経済成長期の
シャルダンの香りや安い香水に冒されているようで、
原種の薔薇の強さ厳しさ、扱いの難しさなど
やはり流通しないだけの事はあるなと農園の薔薇をいじれば感じる。

どうやら薔薇でなくても何においても、コピーのコピーを模倣するようでは
たいしたものはできなくて、マスコミには流されるはで、
元を知ることは全ての道理が
百聞は一見にしかずのように誰にでも簡単に
見えてくるものだと思います。

梶先生が今回 成城で薔薇のワークショップを行いますので、
ぜひ興味のある方は参加してみてください。

ちなみに成城という街も少し歩いて
見てほしい街です。

成城といえば、成城大学かな
僕もバスケの試合をしましたが、その時は勝ったけど
昭和の人には鈴木保奈美かな成城大学は。

映画が好きな人には東宝スタジオがあり、
多くの著名人がこの街に住んでいるのも特徴だと思う。
家々の敷地内に巨大な世田谷区指定保存樹木が
生えているのを見るだけでも歩いて楽しい
町だと思います。

最後に成城駅前の菓子処あんやさんで
お茶もおすすめです。
あんやさんは、カオン豊洲と同じデザイナーの
インテリアなので、機会があればぜひ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

オールドローズフェア特別セミナー
梶みゆきの「オールドローズのある暮らし」
−もっと楽しむ薔薇の活かし方−  [全1回]
今年は、カオンハーブ農園でのローズの収穫を祝い、カオン筑波ハーブ農園バラ園設計者でもあり、著書「バラの園を夢見て」の梶みゆき先生(無農薬薔薇育種家の第一人者)をお招きし、オールドローズのすばらしさをみなさまにお伝えいたします。


 
 
講 師:梶 みゆき
1980年代の後半、バラといえばモダンローズが主流のころ、オールドローズに魅了され、海外から輸入して、バラの庭づくりを始める。
地球環境に関心を持つ主婦の立場から、化学薬品に頼らない「地球にやさしいバラつくり、庭つくりの栽培法」にチャレンジし続ける。多くの仲間とともに確立した画期的な手法がガーデニング雑誌に紹介されて以来、花や緑を愛する女性たちから支持を受ける。
著書に、「バラの園を夢見て、Part1,2」、「バラと草花 12ケ月のガーデニング・バイブル」、「梶みゆきのオールドローズガーデン―生きものたちが命を紡ぐ庭」、「決定版 園芸の基本とガーデニングツール」など多数。


内  容: ・薔薇の歴史、人体に及ぼす効果効能
・モダンローズとオールドローズの違い
・暮らしの中で薔薇を育み、活かすことのすばらしさ
・(実習)フレッシュローズを用いたローズウォーター(化粧水)作り体験 等
開催日時: 2012年6月5日(火)10:00〜12:00 (2時間完結)
場  所: アグリス成城 クラブハウス 2階 世田谷区成城5-1-1 www.agris-seijo.jp
<交通アクセス> 小田急線「成城学園前駅」駅西口改札正面を出て徒歩1分
受 講 料: 2,500円(実習で作るバラのクラフトのおみやげ付)
申込締切: 5月31日(木)

定  員:

30名 ※満席になり次第締切

申し込み









コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック