profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< ◇Life mask | main | 風が吹けば桶屋が儲かる >>

政・まつりごと

原子力発電所のある地元は
その税や雇用によって潤っており、
平成の大合併においても
原発のある村や町は合併をしなかった。

そもそも原発ができる経緯を考えてみれば、
地元住民を束ねる地元の知事、市町村長、
国会議員、県や市町村議員などの
政治家と電力会社との関係によって、
原発が誘致されたという
経緯は、被災地の住民が一番知っていると思う。

それはつくば市に研究学園都市ができた時に、
田畑を取られまいと、むしろ旗と竹やりを持って
戦ったという祖父たちの話と同じだと思う。
今は被災地を訪問した菅首相や東京電力の社長に
クレームを言っている映像が映されるが
過去に誰が何にどう迎合しどう判断したのか
そこから見えてくる、
これからがあるのではなかろうか?
過去は過去ではなく、過去から未来まで
すべて繋がっている、一時の政治が一生の地を
失う現実があることを教示した。
政治で誰を選ぶかという事は非常に大切ですし、
政治家を三分の一くらいにして、
重要案件は、住民投票で良いのでは。
























 

コメント
そうなんです・・過去から現在そして未来と全て繋がっているんですね。現在はこの哀しい事実と対峙しなくてはいけないという現実があり。だから、今直視して未来に繋げる努力を怠ってはいけないと痛感しました。
  • りーだー
  • 2011/05/03 8:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック