profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 志野 人間国宝 鈴木蔵先生 - 沼尻真一 | main | 原憲司先生に出会った − 沼尻真一 >>

時間

 
時間とタイミングは、まったく別のものだろう。


ただ だまってやり過ごし通り過ぎる時間と、

それに対してタイミングは意思のあるものだから

それは自分で作る一日だろう。

1時間を60分とカウントするのか、1日を6時間とカウントするのか

自分のタイミングはその意志と行動にかかっているのだろう。

タイミングを計るというが、まさにその瞬間があると思う。

時間と違い、タイミングの間口は隙間のように狭い。

慣れ染まりきった、楽な時間と環境から

真に大切なものは見えてはこないだろう。

行間を読むように、空間を読むように

気をよむように、そのタイミングを感じたいと思う。













コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック