profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 残された日本の自然だけがつくり出せるものがある。 | main | 愛知県常滑市・常滑焼 − 沼尻真一 >>

陸の旅人 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン



一人で旅をする時間は
なかなか無くなってきている。

飛行機も車も良いが、汽車はまた一人旅には
時間の進み方も、空間も
そして景色との距離感も
もってこいなのだと思う。

そんなこんなで、
大都市をすりぬけて、だんだんと清流が見え
桜が見え
そして山が近づいてくる。
山の木は新緑よりももっと手前の新黄のようだ。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた」

川端康成の『雪国』ではないが、やはりそこに
トンネルというものがなければ、
その先はこの既視感のある大都市が続きそうで
おもしろくないように感じてきた。

もちろんトンネルは深い山あいに鉄道や車を通すために
掘られている。
簡単にいえば、ある種その山あいが
国境あるいは万里の長城のごとく街を閉ざすことで、
その中に限られた空間ができ、そこに独自の文化が発達したり、
あるいは不便という事で
何かが守られたりするものなのだと思う。

だから汽車でも車でもトンネルを抜けた先の
街がどんな街なのか最近はそれにとても興味がある。
そんな場所に古くから続いているような
ものづくりがあれば、旅はいっそう面白くなるだろう。

つくばのような関東平野にはトンネルといえば、
長城のような高速道路の下のトンネルぐらいのものだが、
これはこれでもある意味をなすのだと思う。

あるいは田んぼや川や大通りや、
そんなものが、境になっていて、あっちとこっちが
違ったりする。
あるいは発達したり、守られたり。

畑の中のちょっとジャンプすれば飛び越えられそうな
お堀でも、そこに伐採した竹を数本ならべて
橋らしきものを作ってみれば、
いつの間にか、人や動物が歩きだす。
文化もなにかこんな些細なきっかけなのだろう。

トンネルがあればさらに楽しみもますが、
陸の孤島を発見するのも
旅人たちにはおつなものではなかろうか。


沼尻真一




































コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック