profile
selected entry
categories
links
archives
others
<< 晴れ(ハレ)と褻(ケ)、禊(ミソギ) − 沼尻真一 | main | 意匠者の定義 − 沼尻真一 >>

日本庭園 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン






日本庭園は自然を見立てている。
滝を模し水が深山から流れ出し、大きな流れになってゆく様子を表現する手法や、
石を立て、また石を組合せることによる石組表現、宗教的な意味を持たせた蓬莱山や
蓬莱島、鶴島、亀島などに見立てる手法が多く用いられる。

家と庭から家庭という言葉が生まれているように、
家と庭には密接な関係があるように思う。

この池では僕が小さいころは、錦鯉を飼っていて
錦鯉を飼うのにはメンテナンスが大変なので、
小学校ぐらいからは金魚やメダカを孵化させながら飼っている。

昔から何人もの子供たちがこの池に落ちたか分からない。
当然僕の友達も落ちているし、自分も落ちたことがある。

不思議とその瞬間瞬間落ちたシーンが思い出される。

茨城弁では

「おめぇ 池につっぺたんだしけか?」

「んだ、おれ池につっぺっちったよ」

となれば、よろしい。


沼尻真一










































コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック