profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< うまいもんは板前から ・ 恵比寿  雄− 沼尻真一 | main | 武士道 − 沼尻真一 >>

伝統と日本的美意識 −  沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 


ある文化が次の世代へと連続的に伝えられて行く社会的過程を伝統という。
創造的な文化は、伝統のうちにふくまれているすぐれたものをとり出し、
これを新しい状況のもとに生かすことによって生まれる。

人間を宇宙、世界の中心におき、人間の「理性」によって全存在を分類し、
意味づけるといった人為的作為的な科学の生き方の方向をとるのではななく、
日本的美意識とは人間をも含めて、すべてをあるがまま、
なるままの全体的自然として置くことである。

本来一体となっている自然にわざわざ裂け目を入れる
小さな人間のなまじの知性や理性を排除し、
全存在の中へ人間及び自分自身を溶け込ませてゆくことによって、
美的法悦の境地に達することができる「あはれ」の感覚。

それは「はかなさ」「さびしさ」を混じえた「明るく」「華やか」「しみじみ」
とした世界である。










                     









コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック