profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 地下で生きる。東京丸の内 − 沼尻真一 | main | コンコン小雪は誰の手に − 沼尻真一 >>

オールドローズの植え付け − つくばハーブ園






英国の地では、芝生の管理がその男の品格を表すそうだ。
となればこれはいかん。
タイムを侵食してきた芝生を削り、霜にあてる。

余分な芝が十分に枯れたら、エッジの処理を枕木にするか、
レンガにするか決めなければいけない。



チェーンソーで枕木を切る。

大怪我をする可能性もある生易しくない道具だが、
うまい下手は別としてチェーンソーを持つ男の姿は美しい。

木を切った本数分だけうまくなる道具だ。

チェーンソーの使い方にはコツがいる。慣れてきて
彫刻したくなる人の気持ちが分かる。

危ない道具といえば、小学3年生の頃近所に都会から引っ越してきた
転校生とクワガタ採りにつれていってあげる約束をした。

学校から帰って、今日の森は栗の木の場所だから
穴の中にクワガタが入っちゃうから、祖父の鉈(なた)を自転車の
カゴに積んで迎えにいってやった。
東大出身だという両親の母親が怪訝そうに僕をみていたけど、
一緒に楽しく栗の木を切りまくって、たくさんクワガタをつかまえた。

だけどその日を境に、もう二度とそいつは僕に近づかなかった。
小3でもそれが相手の親の意思だと気がついた。

その後、そいつは無事に東大を出て官僚になった。
クワガタ採っていると東大に入れないのかもしれない。

鉈をチャリンコに積んでる小学生はもう見ないけど、
そんなガキがつくばにいなくなったのは寂しい。




薔薇の穴。

60cmは掘れと先生に言われた。園芸会の常識のようだ。
ブレンドした堆肥を掘った穴に入れる。
穴のテクスチュアがもう自然に美しい。
薔薇を植えたくなくなる瞬間だ。





元の土を堆肥と混ぜ合わせる作業。
料理をしない男でも、こねるのは得意だ。




男が植えるオールドローズはどうだろうか。

薔薇といえば女性のイメージがあるが、薔薇の育苗家は
世界的にも男性が多い。

女性に捧げる薔薇を、泥にまみれた男が酷寒から作る。
このストーリーはいい。
だからあんなにも薔薇が美しいのかもしれない。



              *



男ばかりの画像で色気がないので、
09年のつくばハーブ農園の薔薇を載せておこう。











つくばハーブ農園では精油の原料となる、オールドローズのみを栽培している。


・ダマスクローズ − 香油の原料となり、ブルガリアの薔薇の谷を代表する品種

・ケンティフォリアローズ − 中世の画家たちが頻繁に登場させたため
                  「画家の薔薇」とも呼ばれている。

・ガリカローズ −  別名フレンチローズ、ローズウォーターや砂糖漬けが
             薬用に用いられ、薬用の薔薇とも言われる。









モダンローズももちろんいいし、花屋の薔薇も見事だと思う。
オールドローズが市場に出回らないのもしょうがない。
出回らなくて良いと思う。


しかし一番だめなのが、棘のない薔薇がいかん。

この下手糞が手入れをするたびに皮手を突きぬけ、
流れる血を見てそう思う。

薔薇毎に棘の量も強さもそして、痛さも違う。

それがどんな意味をもっているのか僕には不明だが、
花のない時期の薔薇の手入れをしてみれば、
それが一つの「気高さ」のように感じてくる。

言葉もなく花もない、ただの棘の生えた枝の
薔薇のやつでもそんなメッセージを持っている。
僕らはどうだろうか。


男も女も生易しくないように
だから棘の生えた薔薇をプレゼントする男がいてほしい。








この写真が女性には見えない。
やっぱり薔薇はオスカルだろうか。

農園長



※カオン成城、カオン豊洲にて例年通り、5月上旬に「オールドローズフェア」を 
  開催する予定です。農園から直送される薔薇をお楽しみください。



The Old Rose Advocate 2012  -  
つくばハーブ農園 / オールドローズの栽培








コメント
TMK様
コメントありがとうございます。
またご連絡おそくなりまして、申し訳ありませんでした。

棘を刺しながら咲かせた薔薇を、愛する人に捧げるにはふさわしいものだと、
育んでみてはじめてわかるものでした。

モダンローズと違いオールドローズが流通していないのも、薔薇本来の姿をみているようで気づかされることが多いです。


  • 沼尻真一
  • 2011/04/07 1:57 PM
作業する男の姿の後のバラの絵は尚美しい・・・すてきな文章と写真ですね。
そちらのハーブ園を近く訪れてみたいと思っています。
  • TMK
  • 2011/03/08 9:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック