profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 家蔵/蔵の流儀 − 沼尻真一 | main | メゾン マルタン マルジェラ − 沼尻真一 >>

黒い扉のある柿の蔵/蔵の流儀 − 沼尻真一




「柿と蔵」まさに日本的な風景だと感じます。
こんな風景を見ると本当に心が落ち着きます。

この蔵は大谷石で作られています。
大谷石の表面にノミの後がありますので、
機械ではなく、手で切り出されたものだと思います。

先日伺った、益子のパネムさんのパン工房
大谷石の石蔵でした。あれも手で切り出されていました。
大谷石の石蔵いいですね、固さの中にやわらかさがある。

大谷石は栃木県宇都宮市(旧大谷町)で採掘されて
いる石で、細目、中目、荒目があると聞きました。
この石倉は良い細目の大谷石が使われていると思います。

日本民藝館の西館長屋門は、この大谷石で屋根が葺かれて
いましたが、初めて見たときには驚きました。

採掘が本格的にはじまった江戸時代の中頃から、
機械化される1960年(昭和35年)頃までの道具といえば、
数本のツルハシ類と、石を運ぶときに使われた背負子(しょいこ)
ぐらいしかありませんでした。

ツルハシによる手掘り時代の採掘法では、
厚さ6寸×巾10寸×長さ3尺(18cm×30cm×90cm)を
1本掘るのに、ツルハシを3,600回も振るったといわれます。
また、1人の石切り職人の採掘量は、1日で約12本でした。

故に、手掘りの大谷石の蔵が今も残っているとすれば、
1960年代以前の代物であろうと考えられます。

 


感激したのは、この黒い扉です。
おそらく鉄製だと思いますが、ヨーロッパの古城でもありそうな
デザイン性だと思いました。良いデザインは西も東も関係なく
通用するのでしょう。
扉周りの石の処理も堂々としています。

傍には菊と松、この石倉をつくられた方のセンスの良さを感じます。








そして最後の締めに左に柚子。柑橘系ですね。

桜橘でしょうか。 
京都御所の左近の桜、右近の橘。
向かって右に桜、左に橘を飾る。
雛飾りでもそうですし、京都の寺社でもこの設えは多いですね。

桜=永遠、橘=忠誠の意味があり、
万葉集にも「橘は 実さへ花さへその葉さへ 枝に霜降れど いや常葉の木」と
詠まれているように、常緑なところから縁起がいいとされました。

この蔵を作った御仁はなかなかの粋な方とお見受けしました。

良い蔵を拝見させて頂きまして、ありがとうございました。











コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック