profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 土作り・ヤンマー俺の赤いトラクター − 沼尻真一 | main | 鉄砲塚清四郎の草苺ジャムと益子パネムPANEMのパンを訪ねて − 沼尻真一 >>

能・能面師・孫次郎 − 沼尻真一

JUGEMテーマ:アート・デザイン







                     
                                   孫次郎 


奈良時代に中国から伝わった散楽から、日本古来の伝統と
融合して発達した猿楽が鎌倉時代の中頃に、寺社などの行事と
大衆の信仰とが結びつき「能」というものは誕生したようです。

農村の芸能から発達した田楽も能を演じ、田楽と猿楽が
互いに競いあうことで、鎌倉時代末期から室町時代初期に、
能は完成してきたと言われています。

能面については、既に300年以上前には完成され
その後は、名のある面(おもて)の写しを能面師がつくるという
流れで今日にいたっているそうです。

折りしも今日は、その寺社の行事である
大杉神社の秋の大祭、大杉祭が開かれた日でした。

そこで私は、以前能楽師の安田登先生から能について
お話を聞かせて頂いた
事があるという話から、
大杉神社の神楽の面や、能面を彫る秋本玄影さんと
知り合う事ができました。
早速行事が終わってから、秋元さんの工房に立ち寄らせて
いただき、能面の制作方法などについて話を伺うことができました。




特に興味深かった点は、真新しい能面でも
既に長年使い込まれたような古さを表現されていた事です。
室町時代には、電気はもちろんありませんので、
かがり火やろうそくの灯かりで、能は舞われており
そのような光の加減の中で、能面だけが浮かないように、
着物などと調和するよう、仕上げられていたという事です。

大杉神社の節分際には、秋本さんの作られた
神楽の面をつけて、氏子のみなさんが舞われるそうです。

祖父の代から恵比寿の面をつけて舞っているという
氏子の方は、作り手である秋本さんの思いを
感じて舞うと言われてました。

秋本さんの能面も神楽の面も売られていません。
神楽の面は神社に奉納されているとの事です。
そんな潔さが、蔵の中の工房で作られる
能面にも表れていると思いました。

またお嬢さんが、国内で唯一といっていい
桑を育て蚕を育てながら糸を紡ぎ、
機織から着物を作られているという事も
このような環境が影響しているからではないかと感じました。




能面:孫次郎について
金剛孫次郎という、能楽シテ方五流派のひとつ金剛座の大夫が若くして死んだ
妻の面影をしのんで彫り上げたものと言われていて、この作者の名を取って孫次郎と付けられ、
その面の裏にはオモカゲと記されているそうです。








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック