profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 量産品に生まれる愛着や時間の経過が生む新たな価値について − 沼尻真一 | main | 大杉神社・大杉祭・あんばさま・阿波様・市川久仁守 宮司茨城県稲敷市 − 沼尻真一  >>

祈る場所はありますか? − 沼尻真一

JUGEMテーマ:小説/詩
 
今日、宗教は音楽、絵画、詩、建築など藝術すべての
「幹」として存在してきました。

ちょうど宗教の精髄が、複雑な神学に在るよりも
無心な信仰に在るのと同じなのです。
信仰史が宗教の正史なのです。

信仰の前に神学は二次なのです。

と柳さんが言われたように、
もはや宗教こそ完成されてからの年月が最も長いアートとして、
茶道などよりも著しく形骸化されていると思います。

しかし、キリストもブッタもいない時代の
われわれの多くの祖先を考えた時に、
星や月、太陽、山や滝、四季のうつろい、自然現象
など身の回りで起こる、さまざまな変化の中に、
人間とは違う存在を認め出してきたのではないでしょうか。

シンプルに考えるとき、
宗教の発生とはこのような
無心の信仰だけだったのだと思います。

しかし、形骸化されたとはいえ宗教が幹となり、
様々な藝術を生み出す原動力となっているのは明らかです。

ではこのような信仰が、ものづくりをする上で
必要であるとするならば
形骸化した宗教しかない、今という時代において私たちの
できることは、

「一人ひとりが、パーソナルな宗教をつくる」ことではないかと思います。

宗教の発生、信仰の発生を見るときに、
私たち一人ひとりが、古のごとく
「信仰」をつくればよいのだと思います。

おおざっぱに言えば、
宗教をなすものにどんなツールがありますでしょうか?

教祖、祭壇、バイブル、お経、仏像、教会、お寺
お線香、ミサ、賛美歌、位牌、仏壇などなど

人々がまだ野山や自然を神として自由に信仰し
そこに、統治も国も、確立されていない時代から
つまり発展途上の場所から、これらのツールにより
統治され、一つの秩序がうまれ政治的にも利用されて
きました。

そんな大それたものに対して、「マイ宗教」では

気に入った写真、自分や友人、先祖、両親、
言葉、音楽、本、品物を本棚の一角や
机の空いたスペースにまとめることで、

祈り、見、喜ぶため、そして信仰するための
マイ祭壇、マイ仏壇をつくり、それを信仰するのです。

でも実は、意識していなくても
部屋の一角やどこかに必ず、何となくそんなスペース
心の拠り所のようなスペースが以外に誰にもあるのです。

私たちの祖先が、神聖だと思った川原や海から
石ころを拾ってきて、洞窟においたように、
ただそのスペースをもっと意識してつくってみても
おもしろいと思うのです。













コメント
リーダー様 このたびは拝読いただきまして、ありがとうございました。今回の震災では被災者の方はもちろん、被災されていない方々の中にまで多くの影響を与えているように感じます。

被災の状況が刻々と判明してきている日々の中で、自分ができる何かを日々の中から匍匐前進でもやっていけたらと思います。


  • 沼尻真一
  • 2011/03/28 9:45 PM
初めまして。Googleで「祈る場所」と検索したら、沼尻さんの「祈る場所はありますか?」がありました。わたくしがなぜ今「祈る場所」なのか・・・11日の未曾有の災害で沢山の命が奪われたことを知り、直接は被災はしていませんが、なぜか喪失感があるのです。また、目に見えない恐怖である放射線。お祈りすることしかできない自分の無力さを感じたり。でも、沼尻さんの柔らかくシンプルな文章に触れ心が少し落ち着いた気がします。この悲しく辛い災害ですが命の大切さをしり、ちゃんとそして丁寧に生きようと思いました。明日、常総市にある一言主神社に行きます。被災された方々が再び穏やかで優しい日々がもどりますようにと日本の復興復活をお祈りしたいと思います。沼尻さんのブログをこれからも楽しみにしています。
  • リーダー
  • 2011/03/25 11:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック