profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 前略、瀬戸内から 初日/愛媛県大洲市 梶田商店 巽醤油 − 沼尻真一 | main | 数寄屋は隙屋? 愛媛県大洲市 臥龍山荘(がりゅうさんそう) − 沼尻真一  >>

手鉤(てかぎ) − 沼尻真一

JUGEMテーマ:ナチュラル*シンプルライフ








 
これは鳥津さんが魚市場に行く時に使っている

軽トラに乗せてもらった時に、見せてもらった道具。

魚市場で魚の入った木箱をこの道具で引っ掛けて使う。

農業、漁業、水産加工業それぞれどんな職業にも

その仕事で使う、専門の道具というものがある。

そんな道具には、長年使われてきた機能性から

徐々に形が変化して、最後に淘汰され残った形がある。

そこに用の美が生まれている。

そして使い込まれた道具には、

また違った美がそこに生まれている。














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック