profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< スイカ栽培のコツ/なぜスイカが空洞・綿状になるのか?−つくばハーブ園 | main | 初めて茨城県庁へいって、ゴーヤに気づく− 沼尻真一 >>

しょうが栽培のコツ、さつまいも栽培のコツ − つくばハーブ園

つくばハーブ農園


●しょうが栽培のコツ

 美味しくないしょうがは、食べたときにすじばっていてとても辛くなる。

 これも化成肥料や、鶏糞だとすじが残るのである。

しょうが栽培のコツは、その元肥に何を使うかである。

そのコツは「魚かす」を使う事。

 元肥はもちろん大事だが、追肥もすること。

 追肥とともに、土寄せを2回はやること。






●さつまいも栽培のコツ

 さつまいもは、肥料をやらないこと。

 赤土、砂状の土など、栄養価がなく、
 水はけの良い土壌が適地。

 土寄せを2回ぐらい、つるがえしを2回ぐらいはやること。

 つるがえしをなぜやるかと言えば、

 つるの新芽が延びすぎてしまい、

 さつまいもに栄養が行かずに

 つるに栄養がいってしまうのを防げるからだ。





 
専門農家のおじさん曰く

こぶしのように、大きいさつまいもを育てるのは誰でもできんだから。

そうじゃなく焼き芋でも見た目がいいような
細長い形にするのが一番だ。

これが、さつまいも栽培の流儀らしい。


関東ではGW頃に苗を植えて、一年でもっとも晴れる日である
11.3文化の日にゲストを招いて収穫祭を行なうというスケジュールが
つくばハーブ農園ではお勧めしています。


芋好きにはたまらない、日本一の「いらばらきの乾燥芋」は
こちらから。

沼尻真一











 










コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック