profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 筑波大学/トラクターで日本一周・世界一周をする − 沼尻真一 | main | しょうが栽培のコツ、さつまいも栽培のコツ − つくばハーブ園 >>

スイカ栽培のコツ/なぜスイカが空洞・綿状になるのか?−つくばハーブ園



今年実ったスイカの中に、中身が綿状になっているスイカがあった。

たとえば、少し空洞になっているようなものも近いと思う。

そのようなスイカがなぜできてしまうか考えてみた。

・鳥の被害にあわないように、 ハウス内で栽培したため
 水やり不足になってしまったからではないか?

だから来年は水やりに気をつけようと思っていた。


しばらくして、近所の先輩農家
スイカ栽培のプロのおじさんにこの相談をしたところ


■スイカを空洞やわた状にしない、
 スイカの産地茨城県つくば市農家の秘伝公開!

1、水は絶対にやってはいけない。
  井戸水は特に、水道水もやらないこと。
  自然の雨水は良いが、水はやってはいけない。
  理由は、苗がびっくりするから。

  つまり萎縮してしまうらしい。

  雨水を畑で貯めて置くようにする工夫をすること。

2、スイカの中身が綿状になる、空洞ができるなどは
  あかるみすぎ(熟しすぎ)で、収穫期を逃していることが原因。

  農家では、雄しべと雌しべを人工的に受粉させた日を管理し、
  受粉から、●●日目で収穫というように、スイカは完全に
  コントロールできる作物である。

  また一つの苗から、何個というように
  大きなおいしいスイカをつくるために、
  いくつも、実をつけないように摘果してしまうこと。

  どこの花にその実をつけるのかは、
  苗元に近い方なのか、苗先なのかも説明されたが
  ここでは曖昧なので、紹介しないが、
  何番目の花に受粉させるかも決まっている。

・化成肥料は絶対に使わないこと。

 鶏糞も良くない。窒素分が多すぎる。

 スイカの中身に黄色い筋が入りすぎるし、
 後味にクセや匂いがのこるため。

  元肥に魚かすが良いとの事。



この縦長のスイカは、特別種のくろべスイカ

上手く収穫できたら、記念にスイカの似顔絵にも挑戦してほしい!

●世界初!スイカ似顔絵コンテストや、いろんなスイカの紹介

http://numajiri.jugem.jp/?eid=38



●どのようなスイカ栽培方法が良いか?

人工授粉をさせずに、ほったらかしのスイカをつくる場合

・1番目になったスイカよりも、後からなるスイカの方が大きくなる。
 だから大きさで収穫してはいけない。

 また時期的にみても初夏〜晩夏にかければ、
 日照時間や温度が上がるので、後からなるスイカの方が、
 収穫のタイミングがどんどん早くなる事を知っておくこと。 

・スイカがなったら、なった日に目印をつけることと、
 カレンダーに目印をつけて、総日照時間数で
 どんなにスイカが小さくても、それで収穫すること。

・これは教えてもらったことではないが、もうひとつの目安として
 スイカの実の一番近くにあるツルが茶色く枯れていたら
 収穫してもいいとのこと。
 
 ※ただ今までこの目安で収穫期を逃したことがある。
   つまりこの方法は、よく本に紹介されているが、
   じゃがいもでもそうだが、苗が枯れてくるといいというのは
  農業の原則からすれば、熟しすぎというように考えて良い!

  つまりスイカも熟し過ぎれば、空洞、綿状になるし、
  新じゃがと言っても、苗が枯れての収穫よりも
  苗がまだ元気なうちに、そっと地中から食べる分だけを
  取り出していった方が、よっぽど新じゃがで美味しいのだ。

  だから実践の農業は、本に書いていないことばかりだし
  収穫できるようになれば、次に目指すは味や質だから互いに努力したい。


 水をやらなければ、スイカは小さくなる。
 しかし、そのスイカは糖度が高いおいしいスイカとなるとの事だ。




日本の夏

スイカをおいしく作れるようになれば、農業は上級になる。







● 沼尻真一の本棚   
  Shinichi Numajiri Index


 ・沼尻真一の茶道や茶の湯に関する記事

https://profile.ameba.jp/ameba/chazenichimi










































































































































 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック