profile
selected entry
categories
links
archives
others
<< 雲龍釜に込められた利休居士の法嗣★男の茶道★沼尻宗真 | main | 茶の湯【伊達や酔狂】男の茶道★沼尻宗真 >>

茶花【和を美しく調える】それが和美★男の茶道★沼尻宗真



.
梓辛夷/シデコブシ
shidekobushi



茶花を探しに近くの里山に行くと
梓辛夷/シデコブシを見つけました。
.
I found a flower in 
Satoyama (outskirt of country).
.
Attach to shrine ropes, etc.
It seems that this name was
given because the petals are 
long like a paper hanging.
.
.
神事のしめ縄などに付ける
紙垂のように花びらが長い事から
この名が付いたようです。
.

梓辛夷


四つ目垣 茶室も見えて 辛夷哉 
漱石


茶室で生命のあるもの音譜

それは


なんと【花】だけなのですコスモス

「花は時の賞玩」と古人も云われ

花の命は短いからこそ
私達に生命のうつろひを
刻々と伝えているのかも知れません照れ



茶の湯ですから
お茶を点てる事はもちろん大切ですが


茶花もみじを学ぶ事は
とても大切です
そこにも茶の湯の約束がありますから照れ


庭の花を入れてみる
野の花を摘んで入れてみる
お店で吟味し、買い求めた花を入れてみる


花は日本の季節をダイレクトに


自分の身近にある、和の花を入れ

自然の美から学び

自らの感性を磨く事は

実は茶の湯の一番大切な基本桜


極論をいえば写真でも、
実物でも美しく見えないものは
やはりどこかに原因があります。

全ての茶道が、全て美しいなんて
あり得ませんお茶

またそれは
高額なお金コインたちをかけたら
美しくなるのとも違います。

それは感性

つまりセンスを磨く事、磨き方なのです照れ


【和を美しく調える】= 和美かもしれません爆笑

わび茶はお茶和美茶



山杜鵑/秋



花が沢山ある季節に
ふだんの茶の稽古では、なかなかできない

茶花、投げ入れの講座をしてみたいですね〜カメ


開催日程が決まり次第
こちらのblogでお知らせ致します爆笑


茶道をしている方も
もちろん初めての方も
花が好きな方も
皆さまのご参加をお待ちしております!!







コメント
コメントする